*

アドセンス広告をポチッと挿入プラグインMaster Post Advert

公開日: : 最終更新日:2020/12/03 WordPress, プラグイン

 

Googleアドセンス広告を利用してサイト運営をしている方は、通常だと、その広告を設置する箇所に広告タグを設定していきますよね。

その手間を省いてくれるのが「 Master Post Advert」というプラグインです。

スポンサーリンク

 

moreタグ

投稿画面に「more」タグを挿入するボタンがあります。
「MORE」タグとは、HTML では「<!–more–>」と表示されるHTMLタグのことです。

moreボタン-テキスト
moreボタンビジュアル

 

トップページで、このタグの位置までの投稿を表示して、それ以降を表示しないで、「続きを見る」などのリンクにするものです。

Master Post Advertを導入しておくと、投稿の記事に挿入した「more」の位置の次にアドセンス広告を表示してくれます。

moreタグは、本来「その続きを読ませる」という意味のタグです。
記事の全文を表示せず、一度その部分で記事を中断し、続きを読んでもらうにはクリックして続きを読んでね、というようなタグです(^^。

その続きのところにアドセンス広告が表示されるというわけ。

これは、アドセンス広告以外のHTMLタグ使用でも応用できるので、moreタグの次に表示させたいものを設定することもできます

 

スポンサーリンク

 

 

インストール

今までのプラグインのインストールと同様の方法でインストールします。

ダッシュボードのプラグイン⇒「新規追加」で「Master Post Advert」を検索して「今すぐインストール」をクリックします。「有効化」します。

Master Post Advert

 

「有効化」するとダッシュボードの左のメニューの「設定」に「Master Post Advert」が表示されます。
それをクリックします。

設定

 

表示された画面で次のように入力します。

設定内容

 

Advert area alignment
記事の位置を指定します。

Advert area title
「スボンサーリンク」「Sponsored Link」などの記載をします。
これは広告ですよと読者さんに解ってもらうためです。

Advert code
アドセンスで取得した広告コードを貼りつけます。
入力したら「変更を保存」をクリックします。 
これで記事本文に広告を表示できます。

 

広告が掲載される位置は「more タグ」の位置です。

moreで広告
 
記事ページでは、プラグインが、この「more」をアドセンス広告コードに置き換えてくれるので、それにより記事本文中に 広告を設置することができます。

こんな感じですね

moreで表示

波空
記事の最初の方で続きを読む、としたい箇所に「more」ボタンをぽちっとするだけ

猫にゃん
簡単にアドセンス広告が貼れんだにゃあ(^^)

 

前の記事 プラグインContact Form 7-問合せ簡単作成のカスタマイズ

次の記事 プラグインAdSense Managerでアドセンスを簡単貼り付け

WordPress一覧へ

 


にほんブログ村

日々の出来事 ブログランキングへ

スポンサーリンク




スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


無宗教のお仏壇の飾り方 仏壇やお位牌とは?

  あなたのところにはお仏壇とかありますか? 私のと

オンライン初詣とは?ネット参拝のできる神社を一部ピックアップ!

  年末年始のいつもの行事も、コロナ禍が続きさまざまに

パソコンの処分!2003年~のPCは費用がかからないって知ってる?

最近よく知人などからパソコンの捨て方を聞かれます。 ずっとWin

食べれるうつわの焼き海苔カップでお弁当用のおかず作ってみたら

何かで見た食べられる器。興味が湧いて調べてみたら、お弁当のおかずカ

朝焼けと夕焼けとは?綺麗な朝焼けや夕焼けをみるには条件は?

朝焼け[/caption] きれいな朝焼けや夕焼けを見ると気持

→もっと見る

  • こんにちは。波空です

    好きなことを自由にやりたくて
    アフィリエイトにチャレンジ中
    好きなものは・・・アニメ・漫画・ゲーム・お絵描き・
    映画を観ること・パソコンで遊ぶこと
    やりたいことは・・いろいろあるけど、まずは資金と自由な時間を確保しないと進まない。日々どうしたらできるか考えながらリアル仕事に追われています。

  • 手軽に雑誌が読める!
    楽天マガジン

PAGE TOP ↑