*

大掃除の意味と始まりや決まり事 年末にやらなければいけない?

公開日: : 最終更新日:2017/10/15 行事・歳時 ,

年末の大掃除、毎年恒例で忙しい中、寒さに耐えながらやっているのですが、

ふと、新年をきれいにして気持ちよく迎えるためだけのものなのか?

他に意味はないのかなどとささやかな疑問が出てきました。

お正月の注連飾りや鏡餅のことを調べて、これも準備のひとつになるのではと思ったので調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

  

大掃除とは 意味

お正月は年神様を家に招き入れる行事ですが、昔はご先祖様も帰ってくるとされ、神棚や仏壇の掃除をして正月の準備をする習わしがありました。

大掃除は、12月13日の事始めに1年の煤を払い、お正月の年神様を迎える準備を始めることなんです。

1年間の汚れを払い、隅から隅まできれいにすることで年神様がたくさんのご利益を持って降りてくると云われ家中を掃除して年神様をお迎えするようになりました。

正月事始め

12月13日は婚礼以外、万事に大吉とされる「鬼宿日」にあたることから、年神様を迎える準備を始めるのにふさわしい日とされ、江戸時代に幕府で江戸城の大掃除をこの日に始めるようになったのが正月事始めの始まりだそうです。江戸城では城内や神棚を煤払いし、江戸庶民も煤払いに精を出しました。これが今日まで伝えられ大掃除となったのですね。

1年の内にたまった煤や埃を落とすことは「その年の厄や穢れを払うという意味があります。

今でも社寺などでは煤払い行事が残っています。

※鬼宿日は、二十八宿(天の赤道に沿って選ばれた、1日ごとに月が宿る28個の明るい恒星のことで、月が地球を一周する間に、通過する28個の星座を表しているもの。― 普段使われている大安や仏滅は六曜というように6個の意味で吉凶を表している、これは28個の星で表しているもの)の鬼宿にあたる日で、最吉日として婚礼以外は万事大吉とされます。鬼宿日とはもともと月がこの鬼宿に宿る日のことで、お釈迦様がこの鬼宿日に生まれたとされることから、縁起のいい日とされるようになったとか。でも婚礼だけは大吉祥日過ぎるため、わざと除けたと云われる。

とまぁ、大掃除にはこんな意味もあるわけですが・・・

現代においては、それぞれの諸事情もあり、風習通りにこの日に大掃除!というわけにもいきません。

お勤めの人はまだ仕事おさめもしていない時期です。

家族揃ってこの日に大掃除をするというのも難しい状況もあるようです。

早くから始めてすこしずつお掃除をする人やお休みの関係で、年末押し迫ってから一気に頑張るという人。

普段からまめに掃除しているのであらためて大掃除は必要ないという人。

また、神事などはあまり気にしないので寒い時期にわざわざやらない。という人。

それぞれの事情を考えると、大掃除はいつやる、ではなくいつまでに済ませると考えた方がスムーズかもしれません。

12月28日がお正月飾りを飾るのにふさわしい日とされているので、その日までに済ませて置くのがよいのではないでしょうか?

大掃除のルール?

・正式には12月13日が大掃除にふさわしい日とされています。

また最初に神棚(神棚があるお宅では)を清掃し、次に仏壇、水回り(井戸)、キッチン(かまど)を行うという伝統があります。

また29日の大掃除は「苦」に通じることから避ける、大晦日の掃除は「一夜片付け」でよくないなどと云われます。また元日の掃除は、福を掃出しと云われることから、これらの日は避ける方がよいようです。

大掃除の決まりごとができた時代からだいぶ状況も変化した現代では、必ず掃除しなければならない場所や別にしなくても良い場所とかの特定はないので、個人の判断で掃除します。

スポンサーリンク

大掃除は必要?

何もただでさえ忙しい12月に大掃除しなくても、暖かくなってからしたらいいのに。とか

普段からきれいにしていれば必要ないのでは。とか

掃除はきらいだからしない。とか(^^;

ですよね。12月は寒いし、忙しいし。

なぜ大掃除をしなければならない?と、

また、なぜ年末にしなければいけないのか?というのもききます。

私の友人でも、数年前から大掃除は夏にやる。と決めて年末はやらない人がいます。

普段の掃除より少しだけしっかり掃除する程度で、新年を迎えるそうです。

簡単に言えば、そこらへんは個人の自由なわけで、夏や春にやってもいっこうにかまわないことで・・

なぜ忙しい12月にわざわざやるのか?と云われれば、それは昔ながらの日本の風習で年神様をお迎えする準備のひとつと云われているのが理由ですよね。

あと、大掃除で普段手が届かないところもきれいにして、気持ちよく新年を迎えましょうという意味もありますね。

必要か不要かというのは、やはり大掃除をどうとらえて、自分の中でどうしたいのか・・・ということになると思います。

やってもよし、やらなくても自分が納得してならやらなくてもよしです。

まとめ

かくいう私もあまり意識しないで年末は大掃除をするものだ、と思っていたわけです。

今回少し疑問も出て、調べてみて、なるほどと、お正月飾りや、お祝いごとと同じように繋がっている行事のひとつとなんだと解ったわけです。

今までは、なんでというより、新年を迎えるにあたって、今年の汚れは今年の内に~♪くらいの感覚で大掃除もしていたのですが(^^;)この年末は少し頑張って徹底的に掃除しようかなぁなんて思ったところです。

やっぱりきれいになると気持ちいいですしね(^o^)

大掃除の準備 お風呂の掃除 トイレの掃除  排水口の掃除 不用品の処分 窓と網戸掃除 換気扇の掃除
スポンサーリンク




関連記事

十三夜とはいつ?後の月や栗の月豆の月の由来と月見の過ごし方

十五夜はかなりの人がご存じと思いますが、月見のことになると、後の月も見なければということで十三夜の月

記事を読む

エアコン掃除

エアコンの大掃除は自分にできる範囲できれいに!手順とやり方

エアコンの掃除をするのは、業者に頼んでやってもらって、自分ではフィルターの掃除くらい。 それでもな

記事を読む

東京都下 北多摩エリアにある寺院一覧 続き 

都下の三多摩地区の神社調べをしましたが、寺院の追加です。 北多摩エリアの寺院です。 範囲が広

記事を読む

なぜお年玉袋をぽち袋という?手作りぽち袋とお札の折り方入れ方表書き

お年玉の意味がわかったところで、巷ではお年玉袋のことをぽち袋といいますよね?なぜなんでしょう 意味

記事を読む

毛呂山町の猫神社 排除ではなく猫と共存というのはどうだろ?

埼玉県毛呂山町の出雲伊波比神社でここ数年、いつの間にか神社に住み着いた野良猫が増え続け、インターネッ

記事を読む

こどもの日と端午の節句 5月5日はなにをするの?こどもの日の過ごし方

5月5日は、こどもの日、そして端午の節句でもあります。 こどもの日って祝日ですが、何をしたらい

記事を読む

オーブントースターの汚れもセスキ炭酸ソーダでスッキリ 掃除の手順

ほぼ毎日のように使うオーブントースター。パンを焼くだけでなく、揚げ物を温めたりもしています。オーブン

記事を読む

節分に恵方巻きを食べる習慣はいつから?その食べ方の決まりと方位は

恵方巻とは、節分に恵方を向いて食べると縁起が良いとされている太巻寿司のことですね。 いつの頃か

記事を読む

七草とは?日本の風習から春の七草と秋の七草の意味や由来

春の七草は七草粥とセットでなんとなく知っている人も多いかと思います。 最近では、秋の七草も身近で話

記事を読む

宝船

初夢はいつ見る夢のこと?意味と起源と1年の吉凶の夢占いについて

初夢見た?とか、どんな夢だった?という会話が新年になると聞こえてきます。 その反面、いつ見るの

記事を読む

スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


花見弁当
お花見とは?なぜ桜なの?意味や由来 花見の風習いつから?日本だけの文化?

春になるとお花見シーズン到来とばかりに、お花見の名所には人が集い、桜の

後片付け
バーベキュー初心者 現地でやることは?炭おこしや焼き方&後片付け

前回の続きです。 バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備

バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備とやることやいるもの

暖かくなるとバーベキューなんてやってみたくなりますよね(^^)

駄菓子から元祖梅ジャムが消えた 昭和の味駄菓子の歴史と駄菓子屋の今

この前ニュースというか、テレビで梅ジャムが消えたという話題をやっていた

エプロンとは?いつから?つける意味や必要は?メリットを考えてみた

普段エプロンてつけていますか?つける派つけない派ありますが、もとい、エ

→もっと見る

  • こんにちは。波空です

    好きなことを自由にやりたくてアフィリエイトにチャレンジ中

    好きなものは
    アニメ・漫画・ゲーム・お絵描き・映画を観ること・パソコンで遊ぶこと・チョコレート・中島みゆきさんの歌・・

    やりたいことは・・
    空を飛びたい・馬に乗って自由に走り回りたい・猫を飼いたい・・

    いろいろあるけど、まずは資金と自由な時間を確保しないと進まない。
    日々どうしたらできるか考えながらリアル仕事に追われています。

PAGE TOP ↑