*

門松を飾るのはなぜ?アパートの場合は 門松の由来と期間と処分

公開日: : 最終更新日:2017/10/15 行事・歳時 ,

お正月飾りの角松、最近はあまりみかけなくなったような気がします。
いろいろなお正月飾りがなんのための行事なのかということを忘れて、お正月だからという形だけになってきています。
インテリアと割り切れないのできちんと意味を理解したいと調べてみました。

スポンサーリンク
  

門松とは意味と由来



門松(かどまつ)とは、正月に家の門の前などに立てられるお正月飾りのこと。くらいは知っていますが(^^;
はて、本来の意味や由来は?いつ飾る?マンションの場合は?と疑問はいろいろ。
調べてみると面白い話もありました。

門松の呼び名は門に松を飾るというところからと思いますが、他にも 松飾り、飾り松、立て松などの呼び名もあるようです。

お正月には各家々に訪れる年神様をお迎えしてお祀りします。
木の梢に神が宿ると考えられていたことから、門松は年神様を家に迎え入れるための目印、依り代という意味があります。

猫にゃん
年神様、ここですよ~という案内板みたいなものなのかにゃ
波空
だね。注連飾りでここは清浄です、お迎えの準備ができているので来てくださいみたいな・・・

神様が宿ると思われてきた常盤木(ときわぎ)の中でも、松は「神様を待つ」「祀る」につながる樹木であり、古来中国でも生命力、不老長寿、繁栄の象徴とされてきたことから、日本でも松をおめでたい樹として、正月の門松に飾る習慣となって根付いたんですね。
門松に松以外の常緑樹で杉、楠(くすのき)、榊(さかき)などを用いるところもあります。

門松の形も、様々なものがあります。
「関東」では、松は竹よりも低く竹の足元に挿していますが、「関西」では、松は竹よりも高く、竹を扇型に囲むように挿します。
その他にも地方や習慣によって様々な形があるようです。

門松の始まり

平安時代に、貴族達が好んだ小松引きと言う行事(正月最初の子の日に、野山に出かけ小松を根ごと引き抜いて持ち帰り長寿を願い和歌を詠むという宴)が起源のようです。

平安時代末期になると正月に家の門の前に松を一本立てて年神様に長寿・五穀豊穣を祈願するという習慣となって根付いていきました。
この時代の門とは家の出入り口ではなく、建物の前の庭の真ん中だったようです。

室町時代に現在のように玄関の飾りとする様式が定着したと云われています。

江戸時代に都市部では、竹は長寿の象徴でめでたいものとして考えられるようになり、この頃から日本に竹が普及し、門松にも竹が使われるようになりました。同時に家の出入り口(門)の、左右に門松を配置し、「対」にするという習慣ができたようです。

門松に使われるものは松・竹・梅が基本になります。

松と共に長寿の象徴である竹と、寒い時期にも花を咲かす梅を組み合わせ「松・竹・梅」の形を成している門松が、一般的な門松と言えます。

門松に使われるものの由来



松は一年中葉を落とさない常緑樹としても知られており、古代より、年神様が宿る神聖な木として、長寿のシンボルとなっていました。

門松で使用される松は黒松(雄松(おまつ))が一般的です。
門松には「雄松(おまつ)」と「雌松(めまつ)」とそれぞれ区別が付けられています。
一般的に向かって左側に雄松、向かって右側に雌松を飾ります。

竹は、とても生長が早く2~3日で身の丈程になります。
真っ直ぐ上に伸びることから、生命力を象徴しているとされ、長寿であることから、長寿、繁栄の象徴ともされています。

また、竹は成長する過程の中で節目を作りながら伸びるため、強風で折れることなく、しなやかに生長していきます。

その姿は人生の節目にもたとえられ、人生の節目を苦労して乗り越えていくことで、強くたくましく、しなやかに、竹の様に生きよと言われます。

竹の先端部の形状は、斜めに切った「そぎ」と、真横に切った「寸胴(ずんどう)」の2種類があります。

「そぎ」は徳川家康が始めたものと云われています。
徳川家康の生涯唯一の敗北として知られる1572年の「三方ヶ原の戦い」のあと、竹を対戦相手の武田信玄の首に見立てて斜めに切り落とし、次は斬るぞという念を込めたのが始まりという説があります。

門松では、一般的に以真竹(マダケ)・孟宗竹(モウソウチク)が使われています。

梅は寒さに強く、1年の中で最も早く花が咲き、実を付けることで大変縁起の良いものとされてきました。
一年の始まりを意味するとして、古代より日本人に親しまれています。
めでたい紅白色の紅梅や白梅を用いられることが一般的です。
実際門松には、梅の枝を使用することが多いのですが松の内には梅の花は咲かないため、造花を使用することもあるそうです。

南天は、ナンテン(難転)「難を転ずる」に通じる縁起物として、正月飾りなどに用いられます。
また、南天の他に「千両」が使われることもあり、こちらは子孫繁栄やの象徴とされています。

葉牡丹は、幾重にも重なり合う葉が、「吉事が重なる」とされ、晩秋から冬にかけて鮮やかな葉の色が特徴で江戸時代から楽しまれてきました。

スポンサーリンク


門松の飾り方


門松を一対に置きます。

地方により門松の様式に差があります。
関東では、3本組の竹を中心に、周囲に短めの若松を配置し、下部をわらで巻くという形態が多いです。

関西では3本組の竹を中心に、前面に葉牡丹(紅白)後方に長めの若松を添え、下部を竹で巻きます。

門松には竹が3本立っていますが、商店や会社など「商売繁盛」を願う場合は長い部分を外側にして置きます。

家庭などで「家内円満」を願う場合は長い部分を内側にして置きます。

門松に関しては特に絶対的な決まりは無いようなので、地方や風習、その家々等によると思います。

本来の角松は、植木職人などに依頼して設置から撤去までお願いするようです。
その際相談できるのではと思います。

最近では集合住宅の発達など環境の変化から一般家庭用に小さな寄せ植え風の門松などが年末に店頭に並ぶようになってきました。

さらに省略版として、枝振りのいい若松に、赤白や金銀の水引を蝶結びにし、門柱などに付ける方法もあります。


また、スーパーや商店では「賀正」「謹賀新年」といった語と、新年のあいさつ文、門松や鶴、亀、日の出などの縁起物の絵を印刷したポスターを張って済ますこともあります。「門松カード」と呼ぶものを市役所や公民館などで配布している自治体もあります。
生花店やホームセンター、造園業や工務店などで作られ、設置・撤去まで一括でおこなうサービスもあるようです。

アパートやマンションに飾る場合


最近の門松はデザインやサイズもいろいろな物が販売されています。
「ミニ門松」や「寄せ植え風門松」などがあります。

門松ミニチュア
これらの略式門松なら、アパートやマンションに住んでいても場所を取らないので、玄関内の床スペースに飾ったり、下駄箱の上に小物として飾ってもよいかもしれません。
「門松リース」や「略式門松(竹ではなく松の小枝を紅白の和紙で巻き、金銀の水引で結ぶ)」を手作りするのも良いですね。


町内会などで門松カードが配布された場合は左右並行に貼ります。

猫にゃん
年神様の目印、簡略式門松でもわかるかにゃ?
波空
うーん、気持ちが入ってれば大丈夫じゃない?きっとみつけてくれるよ(^^;多分・・・

門松を飾る時期と仕舞う時期


門松の飾りはじめは「松の内」に入る12月13日以降ならばいつでも良いのですが、クリスマスは避けて飾られるる傾向があり、12月26日以降30日までに飾るのが一般的です。

ただし、12月29日に飾るのは「二重苦」「苦松」などを連想され、また12月31日に飾るのは「一夜飾り」「一日飾り」といって神様をおろそかにするということから、それぞれ避けることとされています。

門松も他のお飾りと一緒で、飾るのは松の内の間です。
松の内は1月7日までという地域と1月15日までという地域があります。
門松を片付けることを、松下ろし、松あがり、松払い、松引き、松送り、松納め、などといいます。

松の内が終われば片付けます。

片付けた門松は、どんど焼き・左義長(さぎちょう)と言われる、炊き上げをする儀式があります。地域によってさまざまなので地域名+で検索すると詳細情報が解ると思います。それに合わせて仕舞うようにするのも良いでしょう

門松の処分方法


神社に奉納する方法と自分で処分する方法があります。
・門松を処分するにあたり、一般的方法が、神社で行われる※左義長(さぎちょう)と言われる儀式です。

左義長は1月15日の小正月が多いですが、地域や神社によって日時が異なる為、また、左義長を行っていない地域もあるので、事前に、各自の地域でご確認が必要です。

・神社に行く暇がない、お近くの神社で左義長を行っていない場合は「一般ゴミ」として処分します。

一般ごみとはいっても、やはり神聖なものです。
細かく分解して、お塩でお浄めして手を合わせ、丁寧に模造紙や新聞紙に包んで、他の生活ゴミが入った袋とは別の袋に入れて出します。
また、大きさによっては粗大ゴミになります。それぞれの地域のルールを確認してください。


まとめ


波空
お正月飾りについていろいろ調べてきたけど、由来や時期は違ってもみんな同じでしたね
猫にゃん
うんうん、年神様を自分のところにお迎えしてこの1年の幸福をさずけてもらうという・・・
波空
門松が年神様に来てもらうための目印で、しめ飾りがここから先は準備ができた清浄な場所ですよと伝えて鏡餅やおせち料理などで神様のおもてなしをする
猫にゃん
そして、どれも松の内の間。お迎えする準備ができたら12/28に飾りつけ、松が明けたらどんど焼きなどで焚き上げて、その煙にのって年神様は帰っていくという・・
波空
だね。この一連の意味や流れが解って感謝の気持ちがあれば、そんなに細かいことまでこだわらなくてもいいような気がしますね。
猫にゃん
門松やしめ飾りをとっておいて次の年も使いたいという話もきくけど・・
波空
基本神様の宿ったものなのでお焚き上げをして神様をおくるということだけど、やっぱり気持ちのもちよう?自分は縁起とか神様とか関係ないと思っているなら再利用もありかもですね。ようは本人次第・・・でもどうでもよければお正月飾りもいらないかもですね(^^;
猫にゃん
飾りたくても飾れない環境とかなら、そこにあったやり方で。ということですかにゃ

波空
形式だけでなく、どんなに簡略化してもそこに気持ちが入っていればいいのではないかなと思います。
門松を飾るのが難しければ昔のような「松の小枝を紅白の和紙で巻き、金銀の水引で結ぶ」ものなどを飾るのでも神様への目印になるんではないでしょうか(^^)。これも気持ち次第だと思います。

スポンサーリンク




関連記事

雛人形五段目の三人組の仕丁って何の役目があるの?持っている物は

雛人形と聞いて思い浮かぶのはお内裏様。 せいぜい三人官女や五人囃子。 隋臣は左大臣右大臣でなんと

記事を読む

天ぷらそば

深大寺で初詣 ゆったり参拝の後は深大寺そばと境内散策の楽しみも

深大寺蕎麦で有名な深大寺に初詣に行くとなると、年越しそばを是非ご当地で食べて、そのまま初詣に、と考え

記事を読む

毛呂山町の猫神社 排除ではなく猫と共存というのはどうだろ?

埼玉県毛呂山町の出雲伊波比神社でここ数年、いつの間にか神社に住み着いた野良猫が増え続け、インターネッ

記事を読む

年賀状は必要?を辞めたい時の辞め方と辞めない方がいい場合

秋も深まってくると、クリスマスだ年末年始の準備だといろいろ忙しくなってきます。 早めに準備すること

記事を読む

喪中はがきの時期とマナー 範囲は?いつまでに投函するの?

年賀状作成の時期になると話に出てくるもうひとつの書状、喪中はがき。 マナーやどこまでの範囲の方た

記事を読む

大掃除はじめて物語 どこからやるか何をやるか順番とやり方とポイント

今年の大掃除が初めてという人もいますよね・・・新婚さんとか、一人暮らしを始めたとか、今までやってなか

記事を読む

照明の明るさは掃除で変わる 初歩的な照明の掃除のしかたと要る物

照明の掃除してますか?あまり、まめにすることってないですよね。 蛍光灯が切れてるわけでもないの

記事を読む

東京都下の西多摩地域の神社一覧 初詣は地元の神社で

東京都の中でも、23区とは別の地域として区分けされている東京都下。 都下の中でも三多摩地区と呼ばれる

記事を読む

お風呂の大掃除手順 重曹とクエン酸でピカピカ!と言わせたい

実際に大掃除を始めるとお風呂掃除は比較的後半になるのではないでしょうか? とりあえずいつもの簡単掃

記事を読む

バレンタインデーの本来の意味とエピソード チョコを贈るのはなぜ?

毎年2月が近づくとバレンタインデーに贈るチョコのことが話題になり、チョコレート売り場はさまざまなバリ

記事を読む

スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


後片付け
バーベキュー初心者 現地でやることは?炭おこしや焼き方&後片付け

前回の続きです。 バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備

バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備とやることやいるもの

暖かくなるとバーベキューなんてやってみたくなりますよね(^^)

駄菓子から元祖梅ジャムが消えた 昭和の味駄菓子の歴史と駄菓子屋の今

この前ニュースというか、テレビで梅ジャムが消えたという話題をやっていた

エプロンとは?いつから?つける意味や必要は?メリットを考えてみた

普段エプロンてつけていますか?つける派つけない派ありますが、もとい、エ

菖蒲湯のショウブには花がない?花菖蒲とあやめや杜若の見分け方は?

5月5日の菖蒲湯に使う菖蒲って、今まで花をよけて葉の部分だけを使うのだ

→もっと見る

  • こんにちは。波空です

    好きなことを自由にやりたくてアフィリエイトにチャレンジ中

    好きなものは
    アニメ・漫画・ゲーム・お絵描き・映画を観ること・パソコンで遊ぶこと・チョコレート・中島みゆきさんの歌・・

    やりたいことは・・
    空を飛びたい・馬に乗って自由に走り回りたい・猫を飼いたい・・

    いろいろあるけど、まずは資金と自由な時間を確保しないと進まない。
    日々どうしたらできるか考えながらリアル仕事に追われています。

PAGE TOP ↑