*

「Shortcodes Ultimate」プラグインで簡単画像つき一覧ページを作る

公開日: : 最終更新日:2018/10/04 プラグイン

前回の記事で手動?で固定ページに特定カテゴリーの一覧を作りました

記事数が増えてくると、1つ1つ追加していくのは大変。

なんとか画像も入るもので簡単にできないかと探してみました。

スポンサーリンク

 

プラグイン「Shortcodes Ultimate」のインストール

ショートコードを簡単に利用できる「Shortcodes Ultimate」というのを見つけました。

ダッシュボードのメニューから新規プラグインで検索します。

Shortcodes Ultimate,プラグイン

インストールしたら有効化します。

インストール有効化

 

ショートコードで一覧表を作る

「固定ページ」から「新規追加」で新しい固定ページを作成します。

プラグインが有効になると投稿画面の上部に「ショートコードを挿入」ボタンが表示されます。

ショートコード挿入ボタン

「ショートコードを挿入」ボタンをクリックすると、リストが表示されます。その中から「投稿」を選びます。

ショートコードリスト

「投稿」をクリックしたあとに設定画面が表示されます。

項目がいっぱいありますが、ほとんどデフォルトでいいようです。

設定項目

スクロールして設定をしていきます。

ページあたりに表示させる投稿数「-1」にします。

マイナス1は該当する投稿を全部表示するという意味です。

投稿タイプ「投稿」を指定、条件のところで表示させるカテゴリーを選びます

設定

これだけ設定したら下にスクロールして最後にある「ショートコードを挿入」をクリックします。

挿入

ショートコードが作成されます。

ショートコード作成

プレビューで確認してみます。

完成

指定したカテゴリーのアイキャッチ画像とタイトル、記事本文が表示されています。

プラグインを使うことで楽に一覧ができました。

この機能では、もっといろいろなことができそうなので、試してみたら紹介したいと思います。

次はこれをヘッダーのメニュー(グローバルメニュー)に表示させる方法をメモしておきたいと思います。

とりあえず今日はここまでで続きは次に

 

以前の記事
特定カテゴリーの画像入り一覧ページを作る へ

次の記事
サイトマップをグローバルメニューに表示するⅠ へ

WordPress一覧へ

 

にほんブログ村


日々の出来事 ブログランキングへ

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


火災報知器の誤動作や掃除 火災報知器の気になること調べてみた

突然天井から「火事です!火事です!」と言われてびっくりしたこと

消火器の使い方 いざという時慌てないために覚えておきたいこと!

あなたは消火器を使ったことがありますか? もし、火事に気付い

郵便物を確実に届けたい時の郵便局のサービスは何を使う?

郵便物の不達や不着を経験すると、どうも普通に投函して送るというのが

悪魔のおにぎりに続き悪魔のコーヒーが ローソンの悪魔シリーズ?

コンビニチェーンローソンから、また悪魔シリーズが発売された

土用波や離岸流ってなに?気象予報の当たり前の用語がわからない!

台風情報がTVから流れてきます。 土用波に注意、海水浴で

→もっと見る

  • こんにちは。波空です

    好きなことを自由にやりたくて
    アフィリエイトにチャレンジ中

    好きなものは
    アニメ・漫画・ゲーム・お絵描き・
    映画を観ること・パソコンで遊ぶこと
    ・チョコレート・中島みゆきさんの歌・・

    やりたいことは・・
    いろいろあるけど、
    まずは資金と自由な時間を確保
    しないと進まない。
    日々どうしたらできるか考えながら
    リアル仕事に追われています。

PAGE TOP ↑