*

毛呂山町の猫神社 排除ではなく猫と共存というのはどうだろ?

公開日: : 最終更新日:2017/11/27 ニュースや話題・気になる話, 行事・歳時

埼玉県毛呂山町の出雲伊波比神社でここ数年、いつの間にか神社に住み着いた野良猫が増え続け、インターネット上では「猫神社といっても過言ではない」などの書き込みもあるとか。

スポンサーリンク



猫神社の苦悩


国の重要文化財に指定されている同神社は設備が猫の爪で傷つくなどの被害や、ふん尿による悪臭があったり、札を入れる箱に猫が爪を研いだ痕が残っていたりと・・・

猫は神社内の至る所で見られ、本殿に傷が付く恐れも考えられ困っているようです。

 

出雲伊波比神社
対策として、氏子たちは野良猫の保護活動に取り組んでいるNPOに協力を依頼。

数年前に40匹近い猫に去勢手術を行い、「猫にエサを与えないで下さい」といった看板を設置したりした。

去勢手術をした野良猫は、その証しとして耳先をカットしたような痕をつけている。

「一時は耳をカットした猫がほとんどだったが、しばらくしたら、またカットしていない猫が増えてしまった」動物愛護の観点から「殺処分までは考えたくない」という。

増え続ける猫に対して、紫藤宮司は「極力減らしていくために、餌を与えたりしないでほしい」と訴える。

「文化財の保護という観点からも、神社を守っていかないといけない。参拝する際はモラルを守り、動物の命を守る意味なども呼び掛けていきたい」と話していた。

 
スポンサーリンク

 

猫との共存


東京台東区の谷中銀座は猫の街として有名だが猫の姿があまり見えないという。

わざわざ猫に会いに行った人が、がっかりして帰ったという話もあるようだ。

ここも昔は野良猫がいっぱいいて困っていたようだが、猫好きなボランティアの方が保護したり、猫の去勢手術のための「募金」で増えすぎないように去勢したりとか。

商店街ならではの猫に関する商品の販売などもあり、猫の街として有名になり、猫を目当てに訪れる人も増えたようでうまく共存しているようです。

猫が減った他の原因として考えられるのは、住環境。

マンションが建ったり、人が増えたりで、猫にとっては住みにくいと感じたのかもしれません。
 
さて、昔住んでいた近所にも1軒猫好きの方がいて、自分で飼っている猫だけでなく、呼び寄せるように、野良猫に餌を与え続け、一時は猫おばさん、猫屋敷などと噂されるようになっていました。

当然近隣住民からは抗議を受けていましたが、どこ吹く風で餌をあげる毎日。

今、あの猫たちはどうしているのか・・・・話がそれましたが、増える原因は、猫にとって居心地がいい、苦労なく餌がもらえる、人間と同じで良い環境なら長く居たいと思うのでしょう。
 

こんなのはいかがですか? 


猫神社に戻ります。

・いたるところに猫がいて爪とぎをして困る。

・糞尿の臭いや爪とぎで大事な文化財が傷つくと困る

・餌をやる人がいるので猫が居つく

・去勢してもいつのまにか去勢していない猫が増えている

・動物愛護の点から殺処分までは考えたくない。

現状はこんな感じでしょうか?

猫神社の猫

写真元 行ってみたい神社とお寺より


家族が飼っている猫もそうですが、爪とぎ用の木などを置いておいても
猫にとってはこっちの家具の方がいい(^^;みたいなものがあるようで、困るところで爪とぎしています。

・まず、いたるところと言っても集まる場所はある程度特定できるのではないでしょうか?文化財が傷つくのを防ぐには、傷つけられて困る場所に猫が近寄らない対策をとる―猫の嫌いな匂いとか、爪とぎできないような覆いをするなど(今金網を張るなどの対策を考えているとか)

・餌をやる人は特定の人?訪れた人が勝手に?

人は禁止されたり、ここはダメと言われたりすると余計やる傾向があるような気がします。

「ここにゴミを捨てないで」「自転車を止めないで」などの看板があると、そこがゴミ捨て場や自転車置き場であるかのように集まっていたりします(笑)

なので「餌をやらないで」ではなく、「猫の餌は〇〇時と〇〇時のみ、場所はどこそこです。」というように変えてみてはいかがでしょう?

禁止されるとやりたくなるのも人間なら、指示が明確ならそれを守ろうとするのも人間では?

本殿や傷つけては困る場所からなるべく遠くに「餌やり場」のようなものを設けて、看板で誘導するなどしてはどうだろうか?

時間や場所が特定されると去勢されていない猫も探しやすくなります。

そこに「募金箱」も設置して、順次去勢手術を続けていけば、いずれ減ってくるのではないでしょうか?

お寺や氏子さんだけ?で負担をするというのも大変です。

また、猫が欲しい人のために「自由にお持ち帰りください」の看板も立ててみると飼い主もみつかるかもしれません(笑)。

猫好きなら「ここに来れば猫に会える、癒される」と「猫神社」として有名になったら、

猫を愛する人たちの気も集まるかもです。

そしたら、猫にちなんだご利益を売りに、そんな人たちのためになる何かを考えて参拝客を増やすというのもいいのではないですか?

と・・・ニュースをみて、なんとなく考えたことを書き連ねてみました(^^

猫神社
猫好きな一人として、ほんとうは去勢手術とかは賛成できない気持ちもあるのですが、野良猫が増え、

それによって最悪殺処分なんてことにならないためにも仕方ないのかなというのもあります。

困る困るで排除ばかり考えるより、うまく共存することができたらいいなぁと思います。

 


にほんブログ村


日々の出来事 ブログランキングへ

スポンサーリンク




関連記事

バレンタインデーの本来の意味とエピソード チョコを贈るのはなぜ?

毎年2月が近づくとバレンタインデーに贈るチョコのことが話題になり、チョコレート売り場はさまざまなバリ

記事を読む

エイプリルフールの起源や意味とは なぜ広まったの?ルールはあるの 

4月1日はエイプリルフールで嘘をついてもいい日とされています。いつから誰に教わったのかも定かではなく

記事を読む

ハロウィンとはなに?由来はは?仮装やパーティを家でやる場合は

日本でも定着しているハロウィン。本来の意味や由来とは関係なく日本式で広まっています。 楽しむにし

記事を読む

トイレ掃除

大掃除のトイレ掃除は重曹とクエン酸でピカピカ 掃除の流れと使い方

年末の大掃除、トイレ編です。 大掃除だからというだけでなく、普段のトイレ掃除にも活用できます。

記事を読む

ひな祭りぬりえで遊んでみよう!雛祭りの遊び方ぬりえ無料ダウンロード

雛祭りって何するの?と思うご家庭もあるかと。 ひなまつりには雛人形を飾ってあられや菱餅をいただき、

記事を読む

お年賀

お年賀とお年始の意味と違いは?お歳暮を贈っても御年賀は必要?

新年になるとタオルなどをもって新年の挨拶まわりをしたり、お付き合いのある方に「お年賀」と書いた手土産

記事を読む

お歳暮を贈る意味は?角のたたない辞め方とお断りする時のマナー

お歳暮の時期になるると、今年はあの方にはどうしよう?とか 何を贈る?(贈ると決めている人に)とい

記事を読む

七草とは?日本の風習から春の七草と秋の七草の意味や由来

春の七草は七草粥とセットでなんとなく知っている人も多いかと思います。 最近では、秋の七草も身近で話

記事を読む

大掃除を楽しく始めるための準備 道具と洗剤と自分でつくれるもの

年末の大掃除、そろそろ始めようかと考えているあなた。今年は少し早めに準備して計画をたててみませんか。

記事を読む

宝船

初夢はいつ見る夢のこと?意味と起源と1年の吉凶の夢占いについて

初夢見た?とか、どんな夢だった?という会話が新年になると聞こえてきます。 その反面、いつ見るの

記事を読む

スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


後片付け
バーベキュー初心者 現地でやることは?炭おこしや焼き方&後片付け

前回の続きです。 バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備

バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備とやることやいるもの

暖かくなるとバーベキューなんてやってみたくなりますよね(^^)

駄菓子から元祖梅ジャムが消えた 昭和の味駄菓子の歴史と駄菓子屋の今

この前ニュースというか、テレビで梅ジャムが消えたという話題をやっていた

エプロンとは?いつから?つける意味や必要は?メリットを考えてみた

普段エプロンてつけていますか?つける派つけない派ありますが、もとい、エ

菖蒲湯のショウブには花がない?花菖蒲とあやめや杜若の見分け方は?

5月5日の菖蒲湯に使う菖蒲って、今まで花をよけて葉の部分だけを使うのだ

→もっと見る

  • こんにちは。波空です

    好きなことを自由にやりたくてアフィリエイトにチャレンジ中

    好きなものは
    アニメ・漫画・ゲーム・お絵描き・映画を観ること・パソコンで遊ぶこと・チョコレート・中島みゆきさんの歌・・

    やりたいことは・・
    空を飛びたい・馬に乗って自由に走り回りたい・猫を飼いたい・・

    いろいろあるけど、まずは資金と自由な時間を確保しないと進まない。
    日々どうしたらできるか考えながらリアル仕事に追われています。

PAGE TOP ↑