*

雛人形五段目の三人組の仕丁って何の役目があるの?持っている物は

公開日: : 最終更新日:2017/12/10 行事・歳時 ,

雛人形と聞いて思い浮かぶのはお内裏様。
せいぜい三人官女や五人囃子。
隋臣は左大臣右大臣でなんとなく・・そしてその下の段にいたっては「誰?」くらいの認識(^^;)
今回はこの三人組仕丁と呼ばれる人形のことを調査。
名前と役目、手に持つものや顔の色など、よく見ると地方などで違いがあるようです

仕丁

スポンサーリンク


三人組は仕丁(しちょう・じちょう)


あまり目立たず、「うれしいひな祭り」の歌にも登場しない三人組の人形。

仕丁(しちょう)というのですね。

七段飾りになると大体含まれているようです。

宮中という設定の中、それぞれ身分のある人形の中で、唯一庶民出身の白衣を着た人形で、昔からの伝統を持つ人形なんだそうです。

仕丁とは3人一組の従者のことで、護衛と雑用係をあらわしています。

仕丁は、徭役(ようえき)といって君主が必要性から住民を無報酬で働かせることの一種でした。
化改新後の律令制では、1里50戸につき2人、中央官庁などに3年交代で雑役夫として勤務しますが、食糧など一切は故郷の負担であったため、かなりの負担となり評判はよくありませんでした。


地方からの労働者として宮廷の雑役係りをしていたのですね。

なんという・・・そんなひどい制度もあったんですね。
仕丁がなんか可愛そうになってきました・・・。

そんな事情から喜怒哀楽の感情が表現されているのですかね?

仕丁(しちょう・じちょう)の表情


仕丁は三人上戸とも言われ、それぞれが、泣き上戸、怒り上戸、笑い上戸の3種類の表情となっています。

月代を剃っていることが多いようです。

白い顔の人と赤い顔の人


位の高い貴族は、男性でも化粧をしていたので、白い顔をしています。

仕丁の泣き上戸の顔も白いのですが、これはお化粧をしているからではなく、顔色が悪いためだとか。

仕丁(しちょう・じちょう)の持物と並び方


仕丁の持ち物は地方によって違うようです。

台傘と呼ばれる日傘と、立傘と呼ばれる雨傘、そして沓台(くつだい)の3つを持っているのが多いようですね。
行幸(ぎょうこう)と呼ばれる外出のときの従者のことで、そのため持ち物もです。

日傘をかざしてお供する係、殿の履物をお預かりする係、雨をよける丸い笠(かさ)を竿(さお)の先にのせてお供する係を分担しています。

掃除道具の仕丁
地方によってはこれが箒、熊手、ちりとりの3種類をもつ仕丁の場合も。

仕丁の持ち物が、箒(ほうき)、塵取(ちりとり)、熊手(くまで)のものは、御所の掃除をするときの用具ですね。
この場合は、宮中の清掃の役目をしているんですね。

持ち物 熊手(くまで)

熊手
その顔の表情から泣き上戸とも呼ばれています。
故郷のことを思い涙しているのかもしれません。仕事がつらいのかも?

持ち物 ちり取り

塵取り
そのお顔の表情から怒り上戸とも呼ばれています。
顔が赤くなっています。この制度に怒っているのか・・・・・

持ち物 箒(ほうき)

箒
箒を持つ満面の笑みのこの仕丁。
顔の表情から笑い上戸とも呼ばれています。

他にも、
雑役の年季が明けた祝宴とか、宮廷の婚礼のお祝いをしている姿とか、諸節伝えられている仕丁は酒宴をしているものもいます。

関東地方では、台傘、沓台(くつだい)、立傘を持った大名行列スタイルの仕丁が一般的のようです。

傘

仕丁の並び方


仕丁の並べ方は、向かって左から台傘、沓台、立傘。

持ち物が清掃用具の場合は、向かって左から熊手、ちりとり、箒と並ぶようです。

持っている道具がそれ以外のものの場合は、表情で区別します。

向かって左から、泣き、怒り、笑いと並べるようですね。
 

仕丁の段の飾り

五段目の飾りには右近(うこん)の橘(たちばな)を向って左に、左近の桜をむかって右に置きます。


右近の橘(うこんのたちばな)

内裏の紫宸殿(ししんでん)前に植えられた橘の木のことです。
天皇側近の武官、左右近衛府(このえふ)。右近の橘とは右近衛府(うこんえふ)がこの橘から南を陣としたところから名づけられれました。橘は常緑が「永遠」を喩えるということで喜ばれています。

左近の桜(さこんのさくら)

右近の橘と同様に、左近の桜とは紫宸殿、南階段下の東方に植えられた桜です。
朝儀の際、左近衛府の武官がこの南側に詰めたことから名づけられました。現在も京都御所内の紫宸殿に植えられています。三人の仕丁たちは庭掃除をしながらこの桜の面倒を見ながら春をまちわびていたのかもしれませんね。

仕丁のまとめ


仕丁が一般的な雛人形では最後のひな人形になります。

長い年月をかけて今に形になってからも、オプションがついたり、作り手のアイデアや思いで、新たな人形も追加されたりしているようです。

それぞれのお雛様にもいろいろな物語やいわれがあり、そんなことをいろいろ思い返してみました。

雛飾りにはお人形の他に、お道具がいっぱいあります。

精巧に造られたものや種類が気になるところです。

ひな祭りの由来 
雛人形を飾るわけ 
雛人形の種類
お内裏様
三人官女のお役目
五人囃子のお役目
隋臣のお役目
雛飾りのお道具
桃の節句のごちそうに菜の花ご飯



にほんブログ村

スポンサーリンク




関連記事

鯉のぼり

端午の節句のお飾り いつからいつまで何を飾る?仕舞い方や供養の仕方

端午の節句のお祝いに、いろいろな飾りものがあります。初節句で祖父母から贈っていただいた場合は、それを

記事を読む

初詣のルールとマナー これだけは知っておきたい正しい参拝のやり方?

初詣にも決まりごとやマナーはあるの?そして参拝のときの正しい作法は? 知らないことは今から覚え

記事を読む

東京都下の西多摩地域の神社一覧 初詣は地元の神社で

東京都の中でも、23区とは別の地域として区分けされている東京都下。 都下の中でも三多摩地区と呼ばれる

記事を読む

御年賀のマナー 年賀状を出したらお年賀のあいさつは不要?誰に何時まで贈るの

お正月には、日ごろお世話になっている方のところへ新年の挨拶に伺う方もいると思います。 その際のマナ

記事を読む

ひな祭りに雛人形を飾るのはなぜ?雛人形は誰のもの?一人にひとつの意味

毎年3月3日に行われる年中行事の雛祭り。雛祭りだから雛人形を飾り、お祝いをする・・・では、その雛人形

記事を読む

粽

5月5日のこどもの日/端午の節句に柏餅や粽を食べるのはなぜ?由来や意味

5月5日には端午の節句、そしてこどもの日ということで柏餅やちまきをたべますよね。 でも、なぜ柏餅な

記事を読む

雛人形の三人官女のお役目とはなに? 持っている物や配置の意味

雛人形にはお内裏様だの「親王飾り」の他にいろいろな組み合わせで他の雛人形を合わせたセットがあります。

記事を読む

お正月飾りはなんのため?しめ飾りの意味と種類 飾る場所など

お正月が近づくと準備するものがいっぱいあり、そのひとつにしめ飾りがあります。 毎年何気

記事を読む

クリスマスに一人で寂しい時の過ごし方と楽しむ方法は

日本のクリスマスは本来の意味からかけはなれたイベントになっていて、家族団らんを楽しんだり、恋人と楽し

記事を読む

大掃除にはパソコン内部掃除にもチャレンジ!注意と要るものと手順

最近パソコンを使っていると少し変な音がする。 変なとこでフリーズもする。動作もおそくなってきている

記事を読む

スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


花見弁当
お花見とは?なぜ桜なの?意味や由来 花見の風習いつから?日本だけの文化?

春になるとお花見シーズン到来とばかりに、お花見の名所には人が集い、桜の

後片付け
バーベキュー初心者 現地でやることは?炭おこしや焼き方&後片付け

前回の続きです。 バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備

バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備とやることやいるもの

暖かくなるとバーベキューなんてやってみたくなりますよね(^^)

駄菓子から元祖梅ジャムが消えた 昭和の味駄菓子の歴史と駄菓子屋の今

この前ニュースというか、テレビで梅ジャムが消えたという話題をやっていた

エプロンとは?いつから?つける意味や必要は?メリットを考えてみた

普段エプロンてつけていますか?つける派つけない派ありますが、もとい、エ

→もっと見る

  • こんにちは。波空です

    好きなことを自由にやりたくてアフィリエイトにチャレンジ中

    好きなものは
    アニメ・漫画・ゲーム・お絵描き・映画を観ること・パソコンで遊ぶこと・チョコレート・中島みゆきさんの歌・・

    やりたいことは・・
    空を飛びたい・馬に乗って自由に走り回りたい・猫を飼いたい・・

    いろいろあるけど、まずは資金と自由な時間を確保しないと進まない。
    日々どうしたらできるか考えながらリアル仕事に追われています。

PAGE TOP ↑