*

雛祭りの由来 3月3日を桃の節句という理由や祝日でないのはなぜ?

公開日: : 最終更新日:2017/12/10 行事・歳時 ,

3月3日は雛祭り(ひなまつり)。

雛人形に菱餅やひなあられを供え・・桃の花を飾って、白酒やちらし寿司などでお祝いする習慣がありますね。

日本の年中行事で、女子のすこやかな成長を祈るお祝いの日です。

それが雛祭りとよばれるのはなぜ?ということで由来や起源を調べてみました。

ひな人形

スポンサーリンク


雛祭りの由来


雛祭りは平安時代に中国から伝わった五節句のひとつで、本来は穢れを祓う季節の行事でした。

五節句の「節」は季節の変わり目のことで、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うという意味があります。

五節句は次の五つを指します。

奇数の重なる日が選ばれていますが、1月だけは1日(元旦)を別格とし、7日の人日(じんじつ)を五節句の中に取り入れています。 

1月7日の「人日」
3月3日の「上巳(桃の節句)」
5月5日の「端午(菖蒲の節句)」
7月7日の「七夕」
9月9日の「重陽(菊の節句)」

上巳(じょうし)の節句は、3月の最初の巳(み)の日を指し、のちに3日に定まっていきました。

ひな祭りはこの「上巳の節句(桃の節句)」にあたります。

中国ではこの日に川で身を清める習慣がありました。

それが平安時代に日本に伝わり、草木、紙や藁で作った素朴な人形に自分の厄災を移し、海や川に流してお祓いをする習慣になりました。

同じころ貴族の子女の雅びな「遊びごと」というのがありました。今でいうままごとですね。

人形に厄災を移して流すことと、この雛遊びが結びついて、人の厄を身代わりする紙人形「流し雛」ができました。

これが「ひな人形」の原型といわれています。

「雛(ひいな)」は小さくてかわいらしいものという意味で、ひな祭りの”ひな”の古語です。

室町時代になると人形が立派になり、
流すものから飾るものに変わり、
上流階級の子女の嫁入り道具のひとつにもなりました。

江戸時代に桃の節句が女の子の節句に定められると、さらに華やかさを増してひな壇に人形を飾るようになりました。

これが「雛祭り」の原型となったと言われています。

江戸時代には庶民にも伝わり、女の子のお祝いの儀式として定着していったようです。

ひな祭りの元となっている上巳の節句は、特に女子のための日というのではなく、厄払いや邪気祓いの男女共通行事でした。

江戸幕府は、上巳の節句を三月三日と定め、ひな人形を飾ることから、この日を女の子の日と決めました。

こうして、雛人形を飾り、災いがふりかからないように、また、美しく成長して幸せな人生を送れるようにと、女の子のすこやかな成長を願う行事へと変化していったんですね。

スポンサーリンク


雛祭りが桃の節句と呼ばれるのは


「桃」の節句と呼ばれるようになったのは、3月3日の頃が桃の開花時期に重なるというだけでなく、桃の木には邪気祓いの効果があり、節句にふさわしいと考えられたことからと云われています。

桃は、中国では不老長寿の象徴であり、仙人の果実としても有名です。

桃の花には元々「魔除け」や「長寿」のパワーがあるとされていました。

中国では上巳の節句には、桃の花を愛でて桃の花のお酒を飲み、桃の葉が入ったお風呂に入って邪気祓いを行っています。

また3月3日はちょうど桃の花が咲くころだったことから、ひな祭りに桃の花が飾られるようになったそうです。

ひな祭りを別に「桃の節句」と呼ぶのも、こうした背景があるからですね。


雛祭りが祝日でない理由


江戸時代、雛祭りは「五節句」のひとつとして「祝日として存在した」とされています。

しかし、1873年の新暦採用が「五節句」の祝日廃止となりました。

さらに「国民の祝日」より「皇室の祝日」の色が濃くなったため

戦後になって新たに祝日を作ろうとする動きが見られるようになりました。

祝日制定にあたり3月3日の案や、新年度の4月1日の案も出ていたのが、

最終的には5月5日の端午の節句を祝日(こどもの日)とする案が採用されました。

全国的に温暖な時期の5月にしたというのが大きな理由のひとつとされています。

雛祭りまとめ


雛人形を飾るから「雛祭り」・・・なんて理由も考えたことなく、単純に年中行事としてお祝いしていましたが、雛人形に厄災を移すなんていわれがあったんですね。

いやぁ由来とか意味とか、さまざまな行事で調べることが多かったですが、いろんな物語や説話があって、日本の行事ひとつとってもなかなか面白いです。

文字にすると数行ですが、ふと、その時代のことをイメージしてみると、昔にタイムスリップしてみたくなります(^^)

桃の節句のごちそうに菜の花ご飯
ひな祭りに雛人形を飾るのはなぜ?
雛人形の種類
お内裏様について
三人官女のお役目
五人囃子のお役目
隋臣のお役目
仕丁のお役目
雛飾りの御道具


にほんブログ村

スポンサーリンク




関連記事

深大寺で初詣 北多摩地区で人気の寺院の参拝時間や混み具合は?

北多磨地区にある調布市の深大寺。 緑に囲まれ、おいしいお蕎麦や神代植物公園、温泉「湯守の里」も

記事を読む

大掃除のガラスの窓ふきと網戸掃除カーテンの洗濯を一気に終わらせる

普通に網戸を拭いてきれいにしようとすると、たわんだり破けたりが気になって、つい後まわし・・そして汚れ

記事を読む

ホワイトデーの意味と由来と始まり お返しのスイーツの意味もここから

日本では、2月14日の1ヶ月後の3月14日のホワイトデーというのは「バレンタインデーに貰ったプレゼン

記事を読む

年越しそばをなぜ食べるの?由来と食べ方や蕎麦を食べるタイミングも

年末になると年越しそばを食べますが、今までずーっと、年越しそばについては、除夜の鐘をききながら、年を

記事を読む

クリスマスプレゼントは彼氏が年上の社会人の場合なにがいい?

クリスマスに限らずプレゼントって悩みますよね(^^; 彼氏が社会人の年上の彼だったりすると、これま

記事を読む

鏡餅はいつまで飾る?鏡開きとは 下げる時期と開け方や食べ方

松の内が明けてお正月飾りを片付けるとき、鏡餅も片付けるのですが、これは食べ物なので他のお飾りとは扱い

記事を読む

東京都下 北多摩エリアにある寺院一覧 続き 

都下の三多摩地区の神社調べをしましたが、寺院の追加です。 北多摩エリアの寺院です。 範囲が広

記事を読む

エアコン掃除

エアコンの大掃除は自分にできる範囲できれいに!手順とやり方

エアコンの掃除をするのは、業者に頼んでやってもらって、自分ではフィルターの掃除くらい。 それでもな

記事を読む

掃除のときに必要な道具はなに?100均や手作りで節約して揃える

大掃除の頃になるときれいにするぞ!とはりきって始めますが、掃除道具や洗剤が足りなかったりすると、とた

記事を読む

紅葉

紅葉の軽井沢へ お薦めスポットは人だらけ

季節は秋、紅葉シーズン。 前日の大雨を心配しながら軽井沢へ紅葉狩りに行ってきました! 軽井沢に引

記事を読む

スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


花見弁当
お花見とは?なぜ桜なの?意味や由来 花見の風習いつから?日本だけの文化?

春になるとお花見シーズン到来とばかりに、お花見の名所には人が集い、桜の

後片付け
バーベキュー初心者 現地でやることは?炭おこしや焼き方&後片付け

前回の続きです。 バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備

バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備とやることやいるもの

暖かくなるとバーベキューなんてやってみたくなりますよね(^^)

駄菓子から元祖梅ジャムが消えた 昭和の味駄菓子の歴史と駄菓子屋の今

この前ニュースというか、テレビで梅ジャムが消えたという話題をやっていた

エプロンとは?いつから?つける意味や必要は?メリットを考えてみた

普段エプロンてつけていますか?つける派つけない派ありますが、もとい、エ

→もっと見る

  • こんにちは。波空です

    好きなことを自由にやりたくてアフィリエイトにチャレンジ中

    好きなものは
    アニメ・漫画・ゲーム・お絵描き・映画を観ること・パソコンで遊ぶこと・チョコレート・中島みゆきさんの歌・・

    やりたいことは・・
    空を飛びたい・馬に乗って自由に走り回りたい・猫を飼いたい・・

    いろいろあるけど、まずは資金と自由な時間を確保しないと進まない。
    日々どうしたらできるか考えながらリアル仕事に追われています。

PAGE TOP ↑