*

お正月飾りの鏡餅その由来や意味 鏡餅の飾り方と飾る期間

公開日: : 最終更新日:2017/10/15 行事・歳時 ,

お正月飾りはほんといろいろありますね。
まとめて、こうです!という部分もありますが、一つ一つ由来とか意味もあるので
今回は鏡餅について調べてみました。

スポンサーリンク
  

鏡餅の意味と由来


鏡餅
お正月のお飾りのひとつに鏡餅があります。

丸いお餅を重ねていろいろな飾りをしてお供えします。

鏡餅という名前は、お餅の形が昔の鏡(青銅製の丸形)に似ているところから名づけられたと云われています。
昔の鏡というのは神事などに用いられる青銅製のもので三種の神器の一つのこと。

鏡には神様が宿るという言い伝えもあり、鏡餅は年神様(歳神)への供え物であり、依り代でもあるんですね。
また、鏡餅は、神様と人間をつなぐものとも云われています。
鏡餅は依代にした年神様の分霊(魂)が宿ると云われ、後にこれを頂くことで、力を分けてもらえると考えられていました。

鏡餅は平安時代には既に存在していたといいます。

鏡餅が今のような形で供えられるようになったのは、室町時代以降で、武家では、床の間に具足(甲冑)と共に鏡餅を供えたそうです。
鏡餅に譲葉・熨斗鮑・海老・昆布・橙などを載せるのが通例となり、これを具足餅(武家餅)と呼びました。

鏡餅の飾り方


三種の神器または心臓を形とったとされる、丸い餅を使用します。

一般的には、大小2つの丸いお餅と橙が使用されますが、地域によって違いがあります。

お餅が三段のもの、1つを紅く染めて、縁起のよい紅白としたもの、お餅の替わりに砂糖で形作ったもの、細長く伸ばしたものを渦巻状に丸めてとぐろを巻いた白蛇に見立てたものなど様々あるようです。

また現代では橙の入手が難しい場合にウンシュウミカンで代用することもあるようです。

鏡餅の上に橙を飾るスタイルが一般的ですが、お餅の形状もさまざまなら飾り方もいろいろです。

基本は三方に半紙を敷き、その上に裏白を載せ、大小2つの餅を重ね、その上に串柿・干しするめ・橙・昆布などを飾るようです。

鏡餅の飾り方には地域によって様々であり、串柿が無い地域や、餅と餅の間に譲葉を挟む地域などもあるようです。


飾りの意味

・橙(みかん)=子孫が代々(=橙)栄えるように。
・御幣、四手=四方に繁栄するように。赤と白を使うのは魔よけの意味もあるそう。
・裏白=古い葉と新しい葉が一緒に成長するシダの葉の特徴から末永く繁栄するように。
・四方紅=赤い縁取りが天地四方を守り一年の繁栄を願って。
・鏡餅を載せる台は正式には「三方(さんぽう)」という昔から神事につかわれる台が使われます。
  これは三宝と表記される地方もあるようです。

台は三方が用意できない場合は四角い形のお盆に飾ります。

これは
お餅が丸=陽の気
四角いお盆=陰の気
陽の気のお餅を陰の気のお盆に載せることで、場の気を「中庸」とするためということです。

鏡餅を飾るなら、基本のお餅と橙だけでもよいですし、そこに上記のようなおめでたいものを飾ってアレンジしてみてもいいと思います。

昔ながらの習わしのように自分でついたお餅で作るというのもありますが、そこまでは・・・という場合市販のもので便利なものもあります。

近年は、プラスチック製の容器で鏡餅が重なった姿を型取り中にお餅が入った商品が販売されています。
また同様の容器に個別包装された小さな餅を多数入れ、プラスチック製の橙などとセットにした商品もあるようです。

飾るのによいのは、神仏に捧げる鏡餅を飾る場所として、床の間が最もふさわしいのですが、無い場合は、玄関から遠い、奥まった位置にするのがふさわしいとされています。

大きさも大小さまざまで、デンとひとつ大きいのを飾るのもよいし、小さいのをいくつも飾るのもよいしということで、自分の住まいに合わせて大きさも飾りも数も決めるのが良いのでしょうね

スポンサーリンク


鏡餅を飾る期間


お飾りをいつするのか?

というとき、鏡餅に限らず、正月のお飾り全般にいえることですが、

九の付く日は「苦」を連想することから、昔から嫌われています。
八の付く日は「末広がり」で縁起の良い日で最適とされています。

なので12月28日がベストですね

28日に飾れなかった場合は30日が良いと云われています。

31日は一夜飾りと呼ばれ、神様に失礼というか、縁起が悪いとされています。
遅くなってしまった場合は、除夜の鐘が鳴り出すのを待ち、鐘が鳴れば新年を迎えた事とみなして一夜飾りにならないのでそこで飾りましょう。

お飾りはいつまでするのか?

神様への供え物なので、松の内に下げたり食べたりせず飾っておきます。
松の内が終わりお供えが終了した後は、飾ったままにせず下げます。

7日が一般的ですが、地方によっては15日というところもあります。
下げたお餅は鏡開きにぜんざいなどで頂きます。


まとめ

何気なく飾っていた鏡餅。
今まで知らずに玄関先に飾っていましたが正しくは逆だったようです。
あんまり決まりにこだわらなくてもよいとも思いますが、ふさわしい場所がわかったので、できるだけそれに沿うように飾りたいと思いました(^^;

鏡餅はいつまで飾る?鏡開きとは 下げる時期と開け方や食べ方

スポンサーリンク




関連記事

秋の七草の七種とはなに?その特徴や薬効と七種の覚え方

日本にはいろいろな風習や行事があります。 七草もそのひとつ。 春の七草とちがい秋の七草は観賞用と

記事を読む

掃除のときに必要な道具はなに?100均や手作りで節約して揃える

大掃除の頃になるときれいにするぞ!とはりきって始めますが、掃除道具や洗剤が足りなかったりすると、とた

記事を読む

除夜の鐘の回数の108の煩悩とは?苦しみの根源とどうつきあう

大晦日に鳴り響く除夜の鐘。 108回なるという、除夜の鐘は一般的には108の煩悩の数だと聞いて

記事を読む

年越しそばをなぜ食べるの?由来と食べ方や蕎麦を食べるタイミングも

年末になると年越しそばを食べますが、今までずーっと、年越しそばについては、除夜の鐘をききながら、年を

記事を読む

年賀状は必要?を辞めたい時の辞め方と辞めない方がいい場合

秋も深まってくると、クリスマスだ年末年始の準備だといろいろ忙しくなってきます。 早めに準備すること

記事を読む

ハロウィンとはなに?由来はは?仮装やパーティを家でやる場合は

日本でも定着しているハロウィン。本来の意味や由来とは関係なく日本式で広まっています。 楽しむにし

記事を読む

バレンタインは 高カカオチョコで元気と脳若返りを贈る

もうすぐバレンタインデー。 本来の意味は度外視しての日本のお祭り でも 毎年楽しみにしている人

記事を読む

大掃除にはパソコン内部掃除にもチャレンジ!注意と要るものと手順

最近パソコンを使っていると少し変な音がする。 変なとこでフリーズもする。動作もおそくなってきている

記事を読む

お彼岸が近づくと気になる お萩と牡丹餅なにがちがう?

お彼岸の頃になると、以前知人がおはぎを作ってもってきてくれたのを思い出します。 ほどよ

記事を読む

仲秋と中秋 今日は十五夜中秋の名月みられるかな?

今年2016年の9月15日の今日は中秋の名月(十五夜)です。 「中秋の名月」とは

記事を読む

スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


後片付け
バーベキュー初心者 現地でやることは?炭おこしや焼き方&後片付け

前回の続きです。 バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備

バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備とやることやいるもの

暖かくなるとバーベキューなんてやってみたくなりますよね(^^)

駄菓子から元祖梅ジャムが消えた 昭和の味駄菓子の歴史と駄菓子屋の今

この前ニュースというか、テレビで梅ジャムが消えたという話題をやっていた

エプロンとは?いつから?つける意味や必要は?メリットを考えてみた

普段エプロンてつけていますか?つける派つけない派ありますが、もとい、エ

菖蒲湯のショウブには花がない?花菖蒲とあやめや杜若の見分け方は?

5月5日の菖蒲湯に使う菖蒲って、今まで花をよけて葉の部分だけを使うのだ

→もっと見る

  • こんにちは。波空です

    好きなことを自由にやりたくてアフィリエイトにチャレンジ中

    好きなものは
    アニメ・漫画・ゲーム・お絵描き・映画を観ること・パソコンで遊ぶこと・チョコレート・中島みゆきさんの歌・・

    やりたいことは・・
    空を飛びたい・馬に乗って自由に走り回りたい・猫を飼いたい・・

    いろいろあるけど、まずは資金と自由な時間を確保しないと進まない。
    日々どうしたらできるか考えながらリアル仕事に追われています。

PAGE TOP ↑