*

年賀状は必要?を辞めたい時の辞め方と辞めない方がいい場合

公開日: : 最終更新日:2017/10/15 行事・歳時 ,

秋も深まってくると、クリスマスだ年末年始の準備だといろいろ忙しくなってきます。
早めに準備することのひとつに年賀状があります。
毎年1月1日につくようにと、売り出されると枚数を決めて郵便局に向かいます。
そして、一言書く時に悩みませんか?いつまでだせばいいのだろうか?と。
年1回のことなので長年習慣で当たり前のように書いている年賀状も、ふと、ほんとに必要?なんて疑問もでてきますよね。

スポンサーリンク
  

年賀状やめたい理由は


年賀状を書くのを疑問に思うのは、虚礼とわかる年賀状をいただいた時。

こちらも習慣で出している場合は、相手も同じように感じていると思います。

親戚も冠婚葬祭でもない限り会うこともないような人に出していたり
普段おつきあいもない方でも、なにかのおりにやりとりするようになり、習慣化したということもあります。

年賀状は一度出すと、延々と続くことがありますよね。

やめたいなと思うことがあっても、相手のあることなので、難しい場合もあります。
仕事関係は虚礼とわかっていても、仕事でのおつきあいということもあり、辞められません。

あと、高齢の方の場合、例え習慣的に出していても、こなくなると寂しいという話をききます。
少しでもお付き合いの続いている方ならあえてやめることもないかなと思います。

それでもやめたいと考えたときには、ひとりずつ自分の中でやめる、やめないを分類して減らしていくのがよいのではないでしょうか。

初日の出

年賀状をやめる場合のおしらせ


よく、やりとりをやめるきっかけなどは喪中になったときや転勤などで引っ越したとき、というのがあります。

私も何人かのともだちと自然消滅したのはどちらかが喪中で翌年も出さない、こない、といった形でやめたのがあります。

自然消滅はともかく、意識的にやめる場合、いきなり出さなくなるのは失礼では?と思う時ですね。

相手に「諸事情により(ここはそれぞれ理由をつけて)以後の年賀状のやりとりを辞退遠慮させてください」など・・

辞退宣言?をするというのがあります。

これは相手によっていいかもしれません。

失礼のないようにはっきり伝えるのも大切かと思います。

ただ、年賀状に一言書き添えて来年からは出さないというのはやめた方がいいです。

新年にいただいた年賀状を見たとき、そんな一言があると、例え儀礼的なつきあいであっても寂しく感じるものですよね。

寒中見舞いを出して、そこに一言書くのがよいかなと思っています。

スポンサーリンク


年賀状の辞め方


辞め方は相手によって変わってきます。
まず辞める人と辞めない人を分けます

親戚でおつきあいもない儀礼的にやりとりしている方には、上記のようなおしらせを出してやめる。

親戚で普段もおつきあいがある方なら、お会いした時に口頭で伝えるというのもありかと思います。

親しくない知人や儀礼的に年賀状のやりとりだけの人には、自然消滅できるように、いただいたら出す。こちらからは出さないというのを繰り返しているといつの間にか来なくなるようです(^^;

すぐにでも辞めたい場合は年賀状がきても返信はしない。
そして寒中見舞いで丁寧に辞めることを書いて終わりにします。

寒中見舞い
積極的に辞めたい相手には出さない。
頂いても返信しないということで消滅できると思います。
この場合相手の心証については、相手によって覚悟がいるかもですが。

なにかきっかけ(どちらかが喪中とか引越し、病気入院など)の際に連絡しない、出さないということで自然消滅することもあります。

その場合は相手も同様に辞めたかったのだと解釈して後は余計なことは考えません。

まとめ


日本にはいろんな風習や行事があり、そのどれもが続けるか辞めるかの選択をする時があるような気がします。

年賀状の場合、こちらが辞めたいと思っても相手の受け取り方などをつい気にしてしまいます。

でも、そう考えた時が辞め時かもしれません。
自分の中で精査して、辞める人、続ける人を決めて実行するのがよいかと・・・

お付き合いの程度やしがらみなどから簡単に割り切れない人もありますが、やはり、最終的には自分がどうしたいのかに尽きると思います。

辞めると決めて出さないとした時、残りの出し続けたい人、あるいは出さなければならない人には枚数が減った分手間をかけて、手書きの一言を心をこめて書くのが良いのではと・・・今年の年末は私も出す出さないをはっきりして実行したいと思います。

余談ですが、高校時代の親友は超筆不精で今まで一度も手紙類をもらったことがありません(もちろん年賀状も)でも、私の中では大切な友人で毎年かかさず年賀状をおくっていました。
数年前に1度だけ(事情は忘れましたが)出さない年がありました。

その時は1月2日の早朝に「なにがあったの!生きてる?!大丈夫?」と必死の声で電話がありました。
自分は出すことはなくても私の年賀状が彼女には元気の確認となっていたようです(^^;)。
以来彼女にはかかさず近況を添えて毎年出しています。

年賀状の処分のしかた  年賀状のマナー

スポンサーリンク




関連記事

大掃除にはオーブンレンジもナチュラル素材の重曹でピカピカに

普段使うたびに汚れは落としているつもりだったオーブンレンジ。 毎度きっちり拭いているわけではないの

記事を読む

年賀状のマナー違反やっていたかも 書き方や写真入りで気をつけること

早い人では、そろそろ年賀状の準備にとりかかるころ。 今年はきちんとした年賀状を書こうと意気込んで、

記事を読む

ひな祭りに雛人形を飾るのはなぜ?雛人形は誰のもの?一人にひとつの意味

毎年3月3日に行われる年中行事の雛祭り。雛祭りだから雛人形を飾り、お祝いをする・・・では、その雛人形

記事を読む

お彼岸が近づくと気になる お萩と牡丹餅なにがちがう?

お彼岸の頃になると、以前知人がおはぎを作ってもってきてくれたのを思い出します。 ほどよ

記事を読む

しめ飾り

お正月飾りやしめ飾りは必要?飾るならいつからいつまで 飾り方は

お正月飾りのことを調べていろいろわかったので正しいお飾りをする期間を聞いていた時のこと。「お正月は旅

記事を読む

大掃除にはパソコン内部掃除にもチャレンジ!注意と要るものと手順

最近パソコンを使っていると少し変な音がする。 変なとこでフリーズもする。動作もおそくなってきている

記事を読む

一人暮らしの大掃除を1日でやってみる 効率よくきれいにするコツ?

本来大掃除は年神様をきれいに掃除したところにお迎えするという行事なわけで、できれば徹底してきれいにし

記事を読む

お年賀

お年賀とお年始の意味と違いは?お歳暮を贈っても御年賀は必要?

新年になるとタオルなどをもって新年の挨拶まわりをしたり、お付き合いのある方に「お年賀」と書いた手土産

記事を読む

東京都下北多摩エリアにある神社一覧 初詣は地元の神社で 

三多摩地区の神社を調べてみました。 範囲が広いので、北多摩・南多摩・西多摩のエリアにわけてあります。

記事を読む

五徳のつけ置き洗いでも落ちない汚れは重曹を使ってこれで落とせる

換気扇とガスコンロをつけ置きできれいにしましたが、五徳のしつこい汚れは満足いくようには落ちませんでし

記事を読む

スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


花見弁当
お花見とは?なぜ桜なの?意味や由来 花見の風習いつから?日本だけの文化?

春になるとお花見シーズン到来とばかりに、お花見の名所には人が集い、桜の

後片付け
バーベキュー初心者 現地でやることは?炭おこしや焼き方&後片付け

前回の続きです。 バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備

バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備とやることやいるもの

暖かくなるとバーベキューなんてやってみたくなりますよね(^^)

駄菓子から元祖梅ジャムが消えた 昭和の味駄菓子の歴史と駄菓子屋の今

この前ニュースというか、テレビで梅ジャムが消えたという話題をやっていた

エプロンとは?いつから?つける意味や必要は?メリットを考えてみた

普段エプロンてつけていますか?つける派つけない派ありますが、もとい、エ

→もっと見る

  • こんにちは。波空です

    好きなことを自由にやりたくてアフィリエイトにチャレンジ中

    好きなものは
    アニメ・漫画・ゲーム・お絵描き・映画を観ること・パソコンで遊ぶこと・チョコレート・中島みゆきさんの歌・・

    やりたいことは・・
    空を飛びたい・馬に乗って自由に走り回りたい・猫を飼いたい・・

    いろいろあるけど、まずは資金と自由な時間を確保しないと進まない。
    日々どうしたらできるか考えながらリアル仕事に追われています。

PAGE TOP ↑