*

問合せフォーム簡単作成のプラグインContact Form 7

公開日: : 最終更新日:2019/10/28 WordPress, プラグイン

ブログを読んでいると、ちょっとこの管理人さんにきいてみたい、とか 一言残していきたいなんてことがありますよね。

そんな時利用するのが、コメント欄やお問い合わせ。
簡単に作れるプラグインContact Form 7でオリジナルの問い合わせなどを作りませんか

スポンサーリンク

Contact Form 7 のインストール

Contact Form 7はWordPressの初心者の方でも、お問い合わせフォームやアンケートフォームなどが簡単に作れて設置できるプラグインです。

これまでと同様の方法でプラグインのインストールを行います。
Contact Form 7インストール

既にインストールされている場合は、「プラグイン」-「インストール済みプラグイン」から「Contact Form 7」の「有効化」をクリックしてプラグインを有効化します。

Contact Form 7の設定

Contact Form 7をインストールして有効化するとダッシュボードの左メニューに「お問い合わせ」メニューが 追加されます。

「お問い合わせ」⇒「コンタクトフォーム」はフォームの一覧が表示されています
フォーム一覧

「コンタクトフォーム1」というのは最初から入っているひな形です。

一から作るのが面倒という方は、これを利用すればOKです(^^;

※「コンタクトフォーム1」の横にあるコードを固定ページなどにコピペするだけです。使い方はこちら(メールフォームの利用)を参照してください。

お問い合わせフォームを作る

「お問い合わせ」⇒「新規追加」をクリックします。
新規追加

「コンタクトフォームを追加」の画面が表示されます

 フォーム画面

記事や固定ページに表示されるメールフォームを定義する「フォーム」の部分と、フォームに入力された内容をどのようにメールで送信するのかを設定する部分に分かれています。

「フォーム」タブ

作成するメールフォームのタイトルを入力し、「フォーム」タブをクリックします。

 「フォーム」では記事や固定ページで表示されるひな形を作ります。
デフォルトでは「お名前」「メールアドレス」「題名」「メッセージ本文」の4つの入力欄と「送信」ボタンが表示されるようになっています。

ここで自分のブログで使いたいものを作ります。

例では「メッセージ本文」と書かれている部分を「ご質問・お問い合わせ」に変更してみました。

フォヘム作成

「メール」タブ

「メール」タブでは「フォーム」で入力された内容を送信するメールアドレスや送信方法の設定をします。

「メール」タブの中で使われている[your-name]や[your-message]は「フォーム」の方で入力した項目の値が入ります。

今回はデフォルトのままにしました。

メールフォーム

設定が終わったら画面左下の「保存」をクリックします

保存

これでメールフォームが作成できました。

作成したメールフォームに表示されているコードを記事や固定ページにコピペして使います。

フォームのコード

(コードは「コンタクトフォーム」をクリックすると作成済みのフォーム一覧が表示されるので、そこでも確認できます)。

フォーム一覧

メールフォームの利用

作成したメールフォームの利用のしかたです。
フォームを表示するページを作成します。

ダッシュボードのメニューから「固定ページ」⇒「新規追加」をクリックします。

先ほどコピーしておいたコードを入力します。

タイトルに「お問い合わせ」と入力し、本文に先ほどコピーしたコードを貼り付け、

「公開」をクリックします。

 

ダッシュボードのメニューから「外観」⇒「メニュー」をクリックします。

「固定ページ」ブロックで「お問い合わせ」にチェックを入れて

「メニューに追加」をクリックします。

グローバルメニューブロックの「メニューを保存」をクリックします。

メニューに設定

これでグローバルメニューにお問い合わせフォームへのリンクが設置されます。

サイトを表示して、グローバルメニューの「お問い合わせ」をクリックして確認します。

作成したメールフォームが表示されます。

確認 

実際にメールフォームの各項目に入力し、「送信」ボタンをクリックしてみます。

送信されるとメッセージが表示されます

自分の書いたお問い合わせメールが自分宛のメールとして届くので確認してみます。

届いたメールはこんな感じですね(^^

Contact Form 7プラグインを使用して簡単にメールフォームを作成することができました。

基本の流れは

1.ダッシュボードの「お問い合わせ」⇒「新規追加」でフォームを作成

2.保存すると表示されるコードをコピーする

3.固定ページ(または投稿)で記事の欄にコードを貼りつけて保存

4.ダッシュボード「外観」⇒「メニュー」でグローバルメニューに追加

となります。

スポンサーリンク

メールフォームを編集する

作成したメールフォームは修正できます。
「お問い合わせ」の「コンタクトフォーム」というのは作成したフォームの一覧になります。
「コンタクトフォーム」をクリックします。

「コンタクトフォーム」画面に作成済みのメールフォームの一覧が表示されます。

修正したいメールフォームにマウスを合わせると、タイトルの下に「編集」の文字が表示されます。
それをクリックします。

フォーム編集

「コンタクトフォームの編集」画面が表示されます。

ここで、編集したいところを直接編集します。

フォーム編集画面

編集が終わったら「保存」をクリックすると編集した内容が保存されます。

作成したメールフォームを編集すると、既に記事や固定ページに貼っていたメールフォームも自動的に変更されます。

変更されているか確認してみましょう

編集確認

メールフォームを複製して利用する・削除する

既存のメールフォームと同じような体裁のフォームを利用して別のメールフォームを作りたい場合は、1から作るのではなく、保存してあるフォームを複製して利用できます。

「コンタクトフォーム」画面を表示し、複製したいメールフォームにマウスを合わせ表示される「複製」をクリックします。

複製

複製したメールフォームが作成され、編集画面が表示されます。編集や修正をして保存をクリックします。

作成して保存したメールフォームでも不要になれば削除できます。

「コンタクトフォーム」画面で、削除したいメールフォームにチェックを入れ、上の「一括操作」から「削除」を選択します。

その後横の「適用」をクリックすると削除されます。

削除

波空
次はカスタマイズのしかたについてですね
猫にゃん
ほぉ、まだあるの?次につづくですな

前の記事 プラグインAll in One SEO PackでSEO対策の総合管理
次の記事 プラグインContact Form 7-問合せ簡単作成カスタマイズ

WordPress一覧へ

 


にほんブログ村

日々の出来事 ブログランキングへ

スポンサーリンク




スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


お正月に関する記事一覧

日本の伝統的な行事、慣習としてお正月があります。 12月

普通のSuicaをMySuica(記名式)にするには?変更のしかたから登録まで

2019年10月1日からSuicaが鉄道利用でもポイントがつくよう

OneDriveでWindows7から10にデータ移行を簡単に

  クラウドを利用したONEドライブというサービスを利

雨の降り方を表現する言葉にはこんな素敵なものも!雨の名前と種類

  雨と一言でいっても季節や降り方によって言葉の表現が

火災報知器の誤動作や掃除 火災報知器の気になること調べてみた

突然天井から「火事です!火事です!」と言われてびっくりしたこと

→もっと見る

  • こんにちは。波空です

    好きなことを自由にやりたくて
    アフィリエイトにチャレンジ中

    好きなものは
    アニメ・漫画・ゲーム・お絵描き・
    映画を観ること・パソコンで遊ぶこと
    ・チョコレート・中島みゆきさんの歌・・

    やりたいことは・・
    いろいろあるけど、
    まずは資金と自由な時間を確保
    しないと進まない。
    日々どうしたらできるか考えながら
    リアル仕事に追われています。

PAGE TOP ↑