*

WordPressのタイトルロゴ PCにあるソフトで作るwebで透過も

公開日: : 最終更新日:2019/11/03 PC・スマホ, ソフトやツール情報・使い方

Cool Textで簡単にロゴを作る方法を試してみましたが、実際にタイトルにするロゴは別の方法で作成してみました。

スポンサーリンク

Wordの機能とペイントで作る

①まずMicrosoft Wordを起動します(ExcelでもPower PointでもOK)

挿入タブからワードアートを選択。
好みのデザインを選び文字を入力してロゴを作ります

「ホーム」タブで書体とサイズを指定(例は24pt)

作成したワードアートを選択した状態だと「描画ツール」タブ表示されます。
そのタブをクリックしていろいろ編集できます。
影をつけたり色をグラデーションにしたり、変形したり・・・
好みでいろいろやってみましょう。

wordアートで作る

②出来上がったワードアートを選択して、コピーします。

ペイントを起動して、そこに貼りつけます。
これでペイントで編集できます。

文字は余計な装飾はしなかったので、横に猫の足跡をいれてみました(^^)

サイズを調整をしてみました。

サイズの変更は四角のハンドルをドラッグして調整します。

画面下のステータスバーでサイズを確認しながら調整すると楽にできます。

サイズ調整

ロゴ画像のサイズは公式サイトの指定で320px以下となっていたので

320px(ピクセル)×70pxで作りました。

高さはもっとあってもいいようです。

早速タイトルをロゴに変更してみたら

・・・あらら、背景を透過していなかったので元のタイトルのあった背景(グレー)に白く浮き出てしまいました。

背景透過していない

 

スポンサーリンク

 

画像の背景を透明にする

手持ちのグラフィックソフトで操作すればできますが、Web上でなにかないかと探してみました。

丁度よいのがみつかりました。

いくつかありましたが、こちらを使わせてもらいました。

サイトはこちら⇒画像背景透過処理

web上で透過できるので使い方は簡単。

①ページを開いて背景を透明にしたい画像をドラッグ&ドロップします

画像をドラッグ

②画像の中で透明にしたい色をクリックします

透過する色をクリック

③完成 右クリックのメニューから「名前をつけて画像を保存」を選択して保存します。

Wordなどでもこの機能はあるけど、他のソフトにコピーしたときに背景が白くなってしまうこともあるので、これは超便利!

きれいにできるのでヘッダーにいれる画像の処理もしてみました

こちらのサイト(画像を透過するツール)でもできますが、画像の取り込みはドラッグではなくファイルの場所をして開く形になります。

画像のファイル形式はGIF,PNG,JPEG,BMPなどできるようです。

JPGの場合は周囲にすこし、けばのように残る部分があります。

PNGがいいようですね-

困ったり、不便に思ったりすると、こういったツールを見つけられることがあるので、PCがより楽しくなってきます(^^)

 では、次はいよいよタイトルをロゴ画像にしてみますね。

 

Cool Textの使い方 へ     タイトルをロゴ画像にする へ

WordPress一覧へ

 


にほんブログ村


日々の出来事 ブログランキングへ 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


自転車の違反て意外と知らないことが多い?つい、でも罰金は5万円!

  身近でもみかける自転車事故や違反。 自分は大

自転車保険加入が2020年4月から東京都でも義務化って知ってた?

自転車保険の義務化?日頃自転車利用の多いので気になる話題です。

お正月に関する記事一覧

日本の伝統的な行事、慣習としてお正月があります。 12月

普通のSuicaをMySuica(記名式)にするには?変更のしかたから登録まで

2019年10月1日からSuicaが鉄道利用でもポイントがつくよう

OneDriveでWindows7から10にデータ移行を簡単に

  クラウドを利用したONEドライブというサービスを利

→もっと見る

  • こんにちは。波空です

    好きなことを自由にやりたくて
    アフィリエイトにチャレンジ中

    好きなものは
    アニメ・漫画・ゲーム・お絵描き・
    映画を観ること・パソコンで遊ぶこと
    ・チョコレート・中島みゆきさんの歌・・

    やりたいことは・・
    いろいろあるけど、
    まずは資金と自由な時間を確保
    しないと進まない。
    日々どうしたらできるか考えながら
    リアル仕事に追われています。

PAGE TOP ↑