*

開湯伝説 動物が発見したといわれている日本の温泉 北海道の巻

公開日: : 最終更新日:2020/08/03 行楽・イベント

 

日本の温泉には動物の名前のついた温泉が数多くあります。 単に地域的に〇〇が多いからとか、××が出没するのでとか・・ 理由はいろいろありましたが、中には動物がきっかけで開湯したという、開湯伝説のある温泉もけっこうあります。 動物たちが泉につかって傷などを癒すのを見て、人間も利用するようになった とする温泉発見伝説は、それが本当かどうかはともかく(^^; 日本各地にありますよね。

 

スポンサーリンク

 

動物の開湯伝説のある温泉

そんな開湯伝説自体面白いなぁと思って、どんな温泉があるのか調べてみました。 日本各地にあるので、地域ごとに集めてみました。

今回は北海道です。

☆北海道

鹿部温泉(しかべ)

  鹿

 開湯伝説・由来

1666(寛文6)年、津軽(現・青森県)からこの地へ訪れた伊藤源五郎が、温泉で一頭の鹿が傷を癒しているのを発見しました。

鹿島明神信仰者の源五郎は、その場所に温泉場を設置したという伝承があります。これが鹿部温泉の始まりとされています。

 

開湯伝説については、いろいろ調べてもこれくらいの情報しか得られませんでした。

鹿が傷を癒しているのをみたというのは、鹿の温浴をずーっと様子をうかがっていたのでしょうか?

それとも、傷ついた鹿が訪れるところと 温泉に入り元気になって出ていくのを見ていたのか・・・

なんて、つまらない想像をしてしまいました(^^;)

開湯伝説自体、後から作られたものもあるということなので 本当のところはわかりませんが、素直にそうか、鹿の傷も治るんだと、気軽に温泉を楽しめたらと思います。

・場 所  北海道茅部郡鹿部町鹿部 ・アクセス JR鹿部駅→車15分 バスで20分      函館市→40km60分

・特 徴  

鹿部漁港を控えた国道278号沿いに旅館と共同浴場が点在しています。

温泉が豊富で間欠泉も見られます。

道の駅しかべ間歇泉公園には、 1924年(大正13年)に発見された日本でも珍しい天然温泉の噴水―間歇泉があります。

露天風呂から駒ケ岳や自然風景が眺められるそうです。

お湯につかってゆったりと大自然をながめるなんてすてきですね。

源泉は 30か所以上主なものはナトリウム-塩化物泉、炭酸水素塩泉など。 ・源泉温度 4-100℃  ・泉質 硫酸塩泉・食塩硫酸塩泉重曹泉などで加水(水を足して適温にする)や掛け流し式の施設が多いようです。 ・効能 神経痛やリウマチ、慢性消化器疾患など幅広い効能(適応症)があります。

・温泉旅館  ホテル6軒・共同浴場2軒

 

宿の詳細はこちらから

 CHECK!  ⇒⇒ 鹿部温泉 楽天 たびノート

 

 

二股ラヂウム温泉 

 熊

 開湯伝説・由来 

1898年(明治31年)嵯峨重良によって温泉が開かれる。

熊が温泉につかっている所をアイヌの人々が発見したという開湯伝説があります。

ここを「神の湯」として病気や治療に利用したのが始まりとされています。

・場 所 北海道山越郡長万部町字大峯32 ・アクセス 函館本線長万部駅よりタクシーで約30分

・特徴 

長万部の市街地から山間部へ入った奥地に、 一軒宿の「二股らぢうむ温泉」があります。

立地の悪さから温泉旅館の維持が困難になり、何度か経営者が代わったようで、2001年には建物が新しくなったため、以前のような秘湯の雰囲気は薄らいでしまいました。

それでも、湯治場としての機能や雰囲気は残しています。

源泉に含まれる石灰分によって形成される石灰華が特徴

旅館の傍には炭酸カルシウムを95.75%も含んだ巨大な石灰華ドームが形成されていています。

このドームは世界でも珍しく、アメリカのイエローストーン国立公園と、ここの2箇所だけ。北海道の天然記念物にも指定されています。

・泉質 お湯は、天然鉱物のラドンというラジウム成分が含まれるナトリウム・カルシウム-塩化物泉で湯色はわずかに黄色がかった透明。湯の花により黄褐色に見える。 ・源泉温度   43°C。 ・効能  ラジウムによる主な効能―神経痛・リウマチ・痛風・ノイローゼ・高血圧・動脈硬化・糖尿病・皮膚病・胆嚢炎・胆石・自律神経失調症・腎臓病(飲用時) など カルシウムによる主な効能―腰痛・神経痛・リウマチ・火傷・皮膚病・不妊症・虚弱体質・捻挫 飲用時:消化器病 糖尿病 肝臓病 膀胱炎 尿酸結石 など

 

宿の詳細はこちらから

 CHECK!  ⇒⇒ 二股らじうむ温泉旅館

 

動物の開湯伝説 北海道 さいごに

北海道には他にも動物の入浴しているところが見られる温泉もあります。 また、動物の名前のついた温泉もあります。

が、ここでは、動物の開湯由来に限って調べてみました。

もっといろいろな面白い由来がないかと探してみましたが、

どこもほんの数行の説明で終わるようなものばかりでした。

〇〇が傷を癒しているのを見て・・そんな一言の中にも物語があるかもしれません。

そこら辺は、想像力で補うしかなさそうです(^^;)

次→ 開湯伝説 東北の巻

 

♪ 温泉や入浴に関する記事を集めてあります。 こちらもご覧ください(^^) 温泉や入浴に関する記事一覧

 


にほんブログ村

スポンサーリンク




スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


霧と雲は同じもの?! 霧と靄と霞とは?それってなにが違うの?特徴と違い

少し前、朝の天気予報の時「霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違

気象や天気に関する記事一覧

お天気や気象に関してはニュースで聞いてもよく解らないことがあります

ガラケーとスマホ2台持ちをデュアルSIMで1台のスマホに!

  今までガラケーとスマホの2台持ちでもSIMフリーを

マスクを外した場合は?食事やお茶飲みでの外したマスクを置くには

  外出の時にはマスク。 人混みでもマスク。 でも

レジ袋有料化 レジ袋の種類とサイズと特徴 買うならどれがいい?

レジ袋有料化が2020年7月から実施されてからエコバッグを持参で買

→もっと見る

  • こんにちは。波空です

    好きなことを自由にやりたくて
    アフィリエイトにチャレンジ中
    好きなものは・・・アニメ・漫画・ゲーム・お絵描き・
    映画を観ること・パソコンで遊ぶこと
    やりたいことは・・いろいろあるけど、まずは資金と自由な時間を確保しないと進まない。日々どうしたらできるか考えながらリアル仕事に追われています。

  • 手軽に雑誌が読める!
    楽天マガジン

PAGE TOP ↑