*

知らなかったお盆とお彼岸の違い

公開日: : 最終更新日:2017/11/23 行事・歳時 ,

お盆のお墓参りに行ったばかりですが、9月には秋のお彼岸があります。

お盆とお彼岸って、どちらも先祖供養をする日という認識でしたが・・。
では、お盆とお彼岸の違いは?といわれるとよくわかっていない・・・
そこでお盆とお彼岸についての違いを調べてみました。

スポンサーリンク



お彼岸の意味


「彼岸」とは、煩悩を脱した悟りの境地のこと。

彼岸は「パーラミター波羅蜜(はらみつ)」という梵語(ぼんご)の漢音写で「到彼岸(とうひがん)」と訳されます。
の迷いのである現実の世界から、の悟りのである仏の世界へ到達する」という意味

彼岸、此岸ということばはここからきているようですね。
三途の川をはさんで、私達の住んでいる世界を此岸(しがん)、向こう側(仏様)の世界を彼岸(ひがん)といいます。
お彼岸は春と秋の年2回あります。

春分の日と秋分の日のそれぞれを挟んだ前後3日を「彼岸」と呼びます。
春分の日と秋分の日というのは太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる日でもあります。
仏教の「極楽浄土は西にある」という教えから、
太陽が真西に沈む春分・秋分の日は、此岸と彼岸が最も近づく日とされています。

彼岸の期間中は、西の太陽に祈りを捧げ煩悩を払い、普段仏道修行をしていない人達も「悟り」をひらけるようにという意味合いがあるそうです。
そして、この期間に仏様の供養をする事で功徳があり、
極楽浄土へ行くことが出来ると考えられていたようです。

蓮のはな

お盆とお彼岸のちがい


お盆は年に一度、ご先祖さまや亡くなった人たちの霊があの世から帰ってくるとされ、それをお迎えしたり、また送りだしたりして先祖供養がメインとなる期間です。

お彼岸はあの世とこの世が最も近づく期間で、その時修業をすることで、私たちが極楽浄土へ行くことが出来るようになる・・・いわばこちらから彼岸に近づく、先祖供養より修業がメインという違いがあるようですね。

お寺では法要が行われますが、私たちは家庭でお墓参りをするというのが一般的になっています。

お墓参り

お彼岸の時期

彼岸には春彼岸と秋彼岸があります。
春分の日(3月21日頃。その年により違う)
秋分の日(9月23日頃。その年により違う)
それぞれを中日として、その前後の3日を合わせた7日間を彼岸といいます。

今年(2016年)のお彼岸

春彼岸
3月17日:彼岸入り
3月20日:彼岸の中日
3月23日:彼岸明け
秋彼岸
9月19日:彼岸入り
9月22日:彼岸の中日
9月25日:彼岸明け
お盆については以前の記事を参照してください。
お墓 お墓参りは別にいつ行ってもいいわけですが、普段はお参りをする機会もなかなかありません。
お盆とか、お彼岸とかが、お墓のお掃除やお参りをするいい機会になっているのかなと思います。
 
スポンサーリンク

 

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われ、お彼岸が来ると最も過ごしやすく身体も楽な季節になります。
意味が少しわかったところで、すっきりしました(^^)。
もうひとつ、私はお彼岸というと浮かぶのがあの真っ赤な彼岸花。
秋になり彼岸花が咲いているのをみかけると亡くなった母を思い出します。
ついでに彼岸花のことも少し調べてみました

彼岸花について


秋のお彼岸の頃になると道端などに咲いている彼岸花が目にとまります。
枝も葉もない、真っ赤な花だけが咲いているなんとも不思議な気がします。
色は白や黄色もあるようですが。

8a36af581e442f5e6f65bb2b5acfa317_s
別名がいろいろあるようで、
「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」というのは、おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ていて、サンスクリット語で天界に咲く花という意味だそうです。

他にもお彼岸の頃に咲くことから「死人花」「幽霊花」という呼び名もあるようです。

また彼岸花はアルカロイドという毒があるため「毒花」「痺れ花」と呼ばれることもあるようです。

花の姿から「天蓋花」「狐の松明」など全国にはいろいろな呼び名があるようです。
花のある時期と葉のある時期が違うため「葉見ず花見ず」なんて呼ばれていることもあるようです。

なんだか呼び名だけをきいていても妖しい美しさを感じます。
花の時期は1週間ほどしかないようで、
目にとまり「あっ、彼岸花」と思っていたら、いつの間にか見なくなったと感じたのは、この咲く期間の短さのためだったのかと知りました。

何気なく愛でているものでも調べてみるとなんと知らないことが多いことかと実感しました。
いろいろわかってから、彼岸花の咲いているのを目にしたら、今までと少し違った感覚になるのかなぁと・・楽しみが増えたようです(^^。

お盆の記事へ


にほんブログ村

スポンサーリンク




関連記事

雛人形の随身(隋臣)のお役目とは?右大臣・左大臣というのはなぜ

五段飾り、七段飾りになると随身(隋臣)という家来の雛人形が加わります。 雛人形に出て来る随身・随臣

記事を読む

紅葉

紅葉の軽井沢へ お薦めスポットは人だらけ

季節は秋、紅葉シーズン。 前日の大雨を心配しながら軽井沢へ紅葉狩りに行ってきました! 軽井沢に引

記事を読む

粽

5月5日のこどもの日/端午の節句に柏餅や粽を食べるのはなぜ?由来や意味

5月5日には端午の節句、そしてこどもの日ということで柏餅やちまきをたべますよね。 でも、なぜ柏餅な

記事を読む

バレンタインの友チョコは低予算でも喜ばれるアイデアやラッピングで!

最近ではバレンタインデーに贈るチョコレートにもさまざまなネーミングがついています。 本命チョコ

記事を読む

オーブントースターの汚れもセスキ炭酸ソーダでスッキリ 掃除の手順

ほぼ毎日のように使うオーブントースター。パンを焼くだけでなく、揚げ物を温めたりもしています。オーブン

記事を読む

御年賀のマナー 年賀状を出したらお年賀のあいさつは不要?誰に何時まで贈るの

お正月には、日ごろお世話になっている方のところへ新年の挨拶に伺う方もいると思います。 その際のマナ

記事を読む

秋の七草の七種とはなに?その特徴や薬効と七種の覚え方

日本にはいろいろな風習や行事があります。 七草もそのひとつ。 春の七草とちがい秋の七草は観賞用と

記事を読む

お正月のおせち料理 お一人様でも新年の雰囲気を味わうには

お正月をお一人様で過ごすとき、おせち料理はどうしますか? お一人様といってもさまざまで、今では

記事を読む

大掃除の換気扇掃除はセスキ炭酸ソーダにつけ置きで楽々油汚れを落とす

大掃除でどうしても残してしまうのが換気扇やガス台の掃除。 あのギトギトの油汚れを取り外すだけでも嫌

記事を読む

雛人形

ひな祭りはいくつまで祝うのが正解?飾らない間の雛人形はどうするの? 

ひな祭りが近づくとお雛様を飾ったり、その日のごちそうを考えたり、人によっては祖父母も招いて雛祭りパー

記事を読む

スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


花見弁当
お花見とは?なぜ桜なの?意味や由来 花見の風習いつから?日本だけの文化?

春になるとお花見シーズン到来とばかりに、お花見の名所には人が集い、桜の

後片付け
バーベキュー初心者 現地でやることは?炭おこしや焼き方&後片付け

前回の続きです。 バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備

バーベキュー初心者 はじめての場合に必要な準備とやることやいるもの

暖かくなるとバーベキューなんてやってみたくなりますよね(^^)

駄菓子から元祖梅ジャムが消えた 昭和の味駄菓子の歴史と駄菓子屋の今

この前ニュースというか、テレビで梅ジャムが消えたという話題をやっていた

エプロンとは?いつから?つける意味や必要は?メリットを考えてみた

普段エプロンてつけていますか?つける派つけない派ありますが、もとい、エ

→もっと見る

  • こんにちは。波空です

    好きなことを自由にやりたくてアフィリエイトにチャレンジ中

    好きなものは
    アニメ・漫画・ゲーム・お絵描き・映画を観ること・パソコンで遊ぶこと・チョコレート・中島みゆきさんの歌・・

    やりたいことは・・
    空を飛びたい・馬に乗って自由に走り回りたい・猫を飼いたい・・

    いろいろあるけど、まずは資金と自由な時間を確保しないと進まない。
    日々どうしたらできるか考えながらリアル仕事に追われています。

PAGE TOP ↑