*

あまった保冷剤でオリジナル消臭剤作り!好きな香りで芳香

公開日: : 最終更新日:2019/11/01 暮らし日常

前回 固くならない保湿剤 を作ってみました

自分で作る前から溜まっていた保冷剤もあり、合わせると冷凍庫の結構な場所を占領しています。

この溜まっているものには水だけのものと高吸水性ポリマーのはいっているものとありました。

水だけのものは流してしまえばいいんですが、もう一つのものは消臭剤に利用できそうです。

スポンサーリンク

保冷剤で作る消臭芳香剤

必要以上にあるものは、捨ててもよいのですが、再利用できるので、

消臭剤として活用してみよう思います。

保冷剤の中には「高吸水性ポリマー」と呼ばれるものが入っています。

ジェル状の高吸水性ポリマーの表面には、たくさんの凸凹があります。

この凸凹部分が気になるにおいを吸着してくれ、消臭剤として使うことができるんですね。

また、エッセンシャルオイルなどを加えると芳香剤になります。

波空
ただ捨てるより活用できるものは活用した方がゴミも減っていいよね
猫にゃん
美味しい臭いがいいにゃん^^

消臭芳香剤の作り方

材料と用意するもの

・保冷剤(カチカチに凍るタイプのもの)

・容器(器はガラス瓶やグラスなどあるものでOK)

・エッセンシャルオイル(好きな香りで)

・割箸など。混ぜる時に使います。

・リボンとかテープとかあれば瓶の飾りに使えます。

※エッセンシャルオイルがなければ、香水やバニラエッセンスなどでも代用できますよ

作り方

1. 常温に戻した保冷剤の中身を容器にあけます。

今回は空き瓶1つに小さい保冷剤2個をいれたものを3瓶作ってみました。

2. エッセンシャルオイルや香水などを入れて割り箸などでかき混ぜます

エッセンシャルオイルは、10滴くらい(目安は小さめの保冷剤2個につき)いれます。

目安なので、自分の好みで調整します。

見た目をちょっと目立つようにしたい時には、水彩絵の具などを少しいれてまぜてもいいですね。

今回は、とにかくあるものだけで作ってみたので、以前レジンで遊んだ時に買ってあった蛍光パウダーを使ってみました。

蛍光パウダーは細かい粉末なので、適量入れてまぜてみましたが、

しっかり混ざるのではなくなんとなく色がついた感じです。

(写真だとわかりにくいですが、粉の部分が残っています)

そこにエッセンシャルオイルのオレンジを10滴。

あまり香らなかったので少し余計に足してみました。

もう一つにはローズのエッセンシャルオイルを。パウダーはいれませんでした。

どちらも瓶の口部分にリボンなどをつけてみました。

残りの1瓶は柚子のエッセンシャルオイルをいれ、そのままキッチンの流し近くに。

下駄箱の上に

エッセンシャルオイルは日光に当たると変質しやすいので、

エッセンシャルオイルを入れた場合は、直射日光の当たらないところに置きます。

乾いてきたら水を足します。かきまぜれば元に戻ります。

香りが薄れてきたらエッセンシャルオイルを足して、香りを復活させます。

注意

凍らせてもカチカチにならないタイプの保冷剤は、エチレングリコールやプロピレングリコールなどを含むことがあります。

これらは誤飲すると有毒性があります。

なので、カチカチになるタイプの保冷剤を使用した方がよいですね。

※安全なカチカチにならないタイプの保冷剤が必要な時は、

手作りしてみてくださいね(^^)


にほんブログ村

スポンサーリンク




スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


外出自粛のおこもり中にできること 健康とストレス解消にいいのは?

毎日のコロナ感染の話題が飛び交う中、「家にいてください(Sta

ATMの使い方 電車の乗り方 知っているようで戸惑う今更聞けないこと

  普段当たり前のようにやっていることでも、少し事情が

お花見2020自粛の中で都立小金井公園での花見は?宴会無しでお花見

2020年3月21日土曜日。3連休の真ん中に散歩がてら、少し早めのなが

コロナで臨時休校 こんな時には親子で楽しくぬりえを 無料サイト紹介

急な学校のお休み。 家にこもっているというのも辛いものです。

今更聞けない!知っているようで知らない日常で使う名称

  日常生活の中にはいろいろな名称があります。 例え

→もっと見る

  • こんにちは。波空です

    好きなことを自由にやりたくて
    アフィリエイトにチャレンジ中
    好きなものは・・・アニメ・漫画・ゲーム・お絵描き・
    映画を観ること・パソコンで遊ぶこと
    やりたいことは・・いろいろあるけど、まずは資金と自由な時間を確保しないと進まない。日々どうしたらできるか考えながらリアル仕事に追われています。

PAGE TOP ↑